Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

3フランスを拠点とするバンドWallabiesが11月に英国ツアーに戻る

シドニー(AFP)-フランスを拠点とするトリオ、ウィル・スケルトン、ロリー・アーノルド、トロ・ラトが、オーストラリアのラグビーチームに参加し、デイブ・レイニーの37人のチームで金曜日という名前の6人の海外選手が参加します。

彼らは、10月23日に大分で行われた日本とのテストマッチの後、週末にスコットランド、イングランド、ウェールズとのテストに先立って、英国のオーストラリアチームと連携します。

「海外から数人の経験豊富な選手が参加することは、私たちがチームとして成長し、向上し続けるので、間違いなく私たちの発展に役立つでしょう」とルネは言いました。

サム・ケレビとショーン・マクマホンに加わったフランスを拠点とする3人の選手は、以前は海外を拠点とする選手が60人のインターナショナル選手またはオーストラリアのテストラグビーで7年間しかプレーできなかった資格規則の緩和の恩恵を受けた最新の選手です。 関税。

このルールは2015年のワールドカップに先立って導入され、マット・ギットとドリュー・ミッチェルが戻ってワラビーとの興奮をテストできるようになりました。

レイニーは、ヨーロッパ、日本、さらには米国でさえも有利な取引のためにスーパーラグビーを離れる才能の着実な流れを見たため、オーストラリアは今年のランキングで7位に落ちました。

しかし、オーストラリアはラグビーで4連勝(世界チャンピオンの南アフリカで2回、アルゼンチンで2回)しており、世界ランキングでは南アフリカとニュージーランドに次ぐ3位になっています。

華麗なウィンガーのフィリッポ・ドゴン(腕の骨折)とミッドフィールダーのイザヤ・ペレス(肩)がチームと一緒に旅行します。ペレスは、ララカイ・フカイト、クナル・マキナニー、ボニー・ファモセリなど、チームでプレーしたことのない4人のプレーヤーの1人です。

大分のオーストラリアに対するテストは、2019年のワールドカップの開催以来、日本で初めてのホームとなります。

ワラビーは11月7日にスコットランドのマリーフィールドで、11月13日にトゥイッケナムで、ウェールズで11月20日にカーディフでプレーします。

___

チームオーストラリア:Allan Alalatuwa、Rory Arnold、Angus Bell、Quad Cooper、Filippo Dogogno、Boone Famouselli、Sail、Focty Maine、Jake Gordon、Rhys Hodge、Michael Hopper(キャプテン)、Lin Iketao、Feletti Kaito、Andrew Killaway、Samu Kerevi、マリカ・コロベテ、トル・ラトゥ、ロブ・レオタ、テイト・マクダーモット、コナル・マキナニー、ショーン・マクマホン、ジェームズ・オコナー、ハンター・パイサミ、イザイア・ペレス、ジョーダン・ペタイア、マット・フィリップ、トム・ロバートソン、アイザック・ロッダ、ピート・サム、ウィル・スケルトン、ジェームズ・スリッパー、ダーシー・スウェイン、ラクラン・スウィントン、タニエラ・トポ、ロブ・ヴァレティーニ、ニック・ホワイト、トム・ライト。

___

その他のAPスポーツ:https://apnews.com/hub/apf-sportsおよびhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  2021オープンチャンピオンシップ:ラウンド1-ライブ! | スポーツ