Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

3日間の「不親切な」博物館は訪問者に小さな車椅子でセミスポーツ体験を提供するだけです

東京発-東京では3日間限定の特別イベントが開催され、さまざまなセミスポーツを試しながら車椅子の部屋を動き回る「不親切」な体験を訪問者に提供しています。 毎日は初日にインタラクティブ展示を試みました。

Unfriendly Museumは、8月27日から29日まで、東京ガスの豊洲地区にある情報センターであり、世界で最も重要なパラリンピックを紹介する共同ドキュメンタリープロジェクトの一環として開催されます。 アスリート。

ドキュメンタリーシリーズ「WhoAmI」の主任プロデューサーである太田真也氏は、マイニチ紙に「通勤やショーを見ながら、アスリートや車椅子利用者が何を経験しているのかを少しずつ知ってもらいたい」と語った。



2021年8月27日、東京都江東区の不親切な美術館での卓球展示(毎日/ちなみ武一)

エントランスでは、車椅子に座り、展示スペースを通り抜け、途中で多くの障害物に遭遇します。 1つはジグザグトラックです。テニスプレーヤーが車椅子を操作し、すばやく曲がってボールを打つ位置に到達するのがどのようなものかをミニチュアバージョンで示しています。 このコースでは、車椅子のユーザーがコーナーの多い限られたスペースを見つけるのがいかに難しいかについても説明します。

博物館のゲストは、車いすテニス、車いすフェンシング、アーチェリー、車いすラグビー、卓球、車いすバスケットボール、マラソンを含む陸上競技の合計7つのセミスポーツを試すことができます。

野島廣は、長野とトリノの冬季オリンピックで日本を代表した元アルペンスキーヤーです。 彼は、参加者が全身でミニスポーツの実験に参加できるショーに興奮しました。「説明を聞くよりもはるかに簡単でエキサイティングな方法で彼らを知ることができます」。



2021年8月27日、東京都江東区の不親切な美術館で車椅子の視点から見た3点のバスケットボールフープ(毎日/ちなみ武一)

剣のような棒を使って壁の穴に表示された質疑応答パネルを突いて裏返し、背面の答えと説明を明らかにする車椅子柵をシミュレートするという課題を受け入れました。 5番をブロックするために何度も試行する必要がありました。これは、最も困難で攻撃をシミュレートすると言われています。 ボードは座った状態から予想していたものから離れすぎているように感じたので、車椅子に寄りかかって、ホイールの重心のバランスをとる必要がありました。

ついに5番がフェードアウトしましたが、実際には少しごまかさなければなりませんでした。 上半身だけを使って相手に近づき、到達するには非常に強いコアが必要だと気づきました。 同時に、車いすを使う人にとっては、棚にあるものに手を伸ばすのにも手間がかかるかもしれないと気づき、日常的にこれらの体験をしていきます。

特に難しかったもう一つのコーナーは、車いすラグビー選手がプレイ中に体をぶつけたり、車いす利用者が建物に入ったときのような感じを少しだけ体験するために、重いドアを通り抜けたコーナーでした。



2021年8月27日、東京都江東区にある不親切な博物館のサファイア車椅子体験コーナーの一部である重いドアが見られます(毎日/ちなみ武一)

最初は、戸口を歩くときに普段行っている手だけでドアを動かそうとしましたが、車いすが後ろにスライドすることに気づきました。 車いすだけでなく全身をドアに押し込んでも、一人で通り抜けるのに十分な時間開いていなかったので、スタッフに手伝ってもらわなければなりませんでした。

振り返ってみると、向こう側への渡りは車いすが転倒するほどの力が必要だったと思います。 車いすラグビー選手同士がぶつかるだけでなく、車いすでやっているという勇気を感じました。

他の画面では、バスケットボールの3点シュート距離が表示され、フープは通常のバスケットボールと同じ高さの305cmに配置され、7メートルの線は男性の100メートルの車椅子のトップライダーのおおよその距離を示しています。メーターレースは2番目のものでカバーすることができます。 最後のセグメントでは、訪問者は専用の車椅子でマラソンを体験できます。



2021年8月27日、東京都江東区の不親切な博物館で、男子100メートルレースの車いすレーサーが1秒間に移動できるおおよその距離を示す線が表示されます(本一/ちなみ武一)

シドニーパラリンピックの車いすバスケットボールチームのキャプテンであるネジシンジ氏は、この博物館は、訪問者が画面で競技を見るのとは異なる方法で半屋外スポーツに参加できる素晴らしい場所だと語った。

チーフプロデューサーの太田さんは、この美術館が、さまざまな分野の人々が障害者と一緒に暮らすことを考え、その新しい知識を日常生活に応用できる機会になることを願っています。

私自身、車椅子の空間を実際にナビゲートしようとしなかったとしたら、頭に浮かぶことのない小さな発見をいくつか引き出しました。 ちょっとした一歩か急いでいるかもしれませんが、不親切な美術館を訪れる人は誰でも、ちょっとした親切なサポートや理解の瞬間が必要な人に直面したときのヒントになるかもしれない新しいことを学ぶと思います。

(毎日新聞スタッフライター千見武による日本語原作)

* * *

ゆりかもめ線新豊洲駅から徒歩2分の「東京ガスを利用したハウス・アイ・アム・ハウス」では、不親切な美術館の展示が行われています。

博物館は8月28日と29日の午前10時から午後8時まで開いています。

オンラインで予約できる場所は満員ですが、当日予約は数に限りがあり、8月28日と29日の午前10時から番号付きチケットが配布されます。

詳細については、WHOIAM @ WOWOWParalympicの公式Twitterアカウントとhttps://www.unfrifriendly-museum-wiah.com/を確認してください。

「WhoAmI Home」は、衛星放送局WowowInc。によるドキュメンタリーシリーズプロジェクトです。 および国際パラリンピック委員会(IPC)。 詳細については、https://www.wowow.co.jp/sports/whoiam/およびhttps://corporate.wowow.co.jp/whoiam/をご覧ください。



車椅子マラソンシミュレーター体験の一角は、2021年8月27日、東京都江東区の不親切な博物館で見られます(毎日/ちなみ武一)

東京パラリンピックの午前10時から午後8時まで、9月5日まで営業している「WhoI Am House」では、イラストや写真、スポーツ用品などのドキュメンタリーシリーズを無料で上映しています。

READ  トッテナム:ハリー・ケインの1億5000万ポンドを利用すれば、ダニエル・レヴィはさらに無謀な無駄遣いをする余裕がない