Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

319テラビット-ベストスコット! 日本のボフィンが世界新記録を樹立スーパーハイウェイレジストの記録で情報が急増

国内有数のコムズ調査会社によると、日本の研究者は、最新のインターネット互換光ファイバーケーブルを使用して毎秒319テラバイト(dBps)のデータを送信することにより、最速のインターネット速度で世界記録を更新しました。

3,001 km(1,864 mi)の光ファイバーは、情報通信研究機構(NICT)ネットワーク研究所のエンジニアによって設計されました。

Bofinsは、ファイバー内の4つのコアを使用してデータを送信し、波長セクション多重化(WDM)も使用しました。これにより、複数の波長を1本のファイバーで同時に送信できます。 この場合、552個の固有のWDMチャネルが後で変更され、交互の間隔で複数の信号表示が生成されました。

バンドはこれまで使用されたことのないバンド、Sバンド(1,460-1,530nm)、通常のCおよびLバンドを使用。

テストシステムの70kmごとに、信号は希土類イオン、一部は同等、その他はエルビウムによって測定された増幅器にかけられます。 Bofinsは、信号を強化するために伝送ファイバとともに分散されたラマン増幅器も使用しました。

研究者たちは、このシステムは最新のインフラストラクチャと互換性があり、標準の外径が0.125 mmであるため、ファイバーを受け入れるのにそれほど時間はかからないと述べました。

しかし、外部からは通常のファイバーのように見えても、転送速度は以前の世界記録より79%高速です。 ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)に設立 2020年8月のデータ転送速度は178Tbpsです。

これらのスレッドはすぐにそれを家に変えることはありませんが、より広いネットワーク構造に利益をもたらします。

彼らの記録された声明の中で、NICDは言った。 前記

この実験の結果が公開されました 光ファイバ通信に関する国際会議 6月に発表され、今週は英語で発表されました。 ®

READ  8月のイラン訪問に対する日本の外相の目:出典