Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

35万人が「オリンピックのキャンセル」の請願書に署名することで、日本はウイルスの緊急事態を拡大する-スポーツニュース、Firstpost

東京などは5月末まで緊急命令を受けており、オリンピックマラソンの開催地である北北海道をはじめ、さらに3地域が参加する予定です。

国際オリンピック委員会は、東京オリンピックをキャンセルしたいという日本の国民の要求に対する懸念を軽視した。 AP

東京: 日本政府は、東京オリンピックのちょうど10週間前の金曜日に、活動家がゲームのキャンセルを求める35万件以上の署名を提出した請願書を提出したため、ウイルス関連の緊急事態を拡大すると予想されています。

東京などは5月末まで緊急命令を受けており、オリンピックマラソンの開催地である北海道北部をはじめ、さらに3地域が参加する予定です。

日本の医療システムに圧力をかけている第4の波と戦うことを目的とした非常事態宣言の拡大は、より多くの怪我を恐れて、国民が今年の夏の大会の開催に強く反対しているためです。

元東京都知事候補の宇都宮健児氏は、市当局に351,000の署名の請願書を提出することにより、大会の主催者に「人生を優先する」よう促した。

小池百合子東京都知事は、「今回のオリンピックは、人生を優先するのか、祝賀会やオリンピックというイベントを優先するのかだと思う」と述べた。

請願書は、国際オリンピック委員会と国際パラリンピック委員会(IPC)だけでなく、地元の主催者と政府にも送られます。

宇都宮は、「このような状況でオリンピックを開催するということは、貴重な医療資源をオリンピックに配分すべきだ」と警告した。

木曜日に、医師会はパンデミックの間にゲームを安全に開催することは「不可能」であると警告しました、しかし主催者はアンチウイルス対策が運動選手と日本の公衆を安全に保つであろうと言います。

とのインタビューで フランス通信社国際パラリンピック委員会のアンドリュー・パーソンズ委員長は、大会での日本の「怒り」を認めた。

しかし彼は、毎日の試験やアスリートの動きの制限などの厳格な規則は、誰もが感染する可能性が「本当に遠い」ことを意味すると述べた。

「私たちはその確実性を提供したい」とパーソンズ氏は語った。

「怒りは、ゲームと引き換えに日本人の安全だという考えから来ているからです。彼らは共存できると思います。」

ゲームを恐れる

最近、主催者は国際的なアスリートを含む一連の成功したパイロットイベントを開催しました。彼らは彼らのプロトコルが機能することを示していると言います。

先週日本で行われたテストイベントに参加したグローバル陸上競技チームの責任者であるセバスチャン・コーは、これまでのところ「非常にレース」であるような主要なスポーツイベントはありませんでした。

郭は「世界は動き続ける必要がある」と書いた デイリーメール

「サッカー、ラグビー、テニス、陸上競技が復活し、群衆がゆっくりと戻ってきているとき、プロトコルが人生の他のどの道よりも厳しくなり、多くの競技者とそのサポートがオリンピックにログを引き込むのは奇妙に思えます。予防接種後にチームが到着します。」

しかし、日本では、国内で最も著名なビジネスマンの1人であり、ソフトバンクのCEOである孫正義氏は、ゲームを進めることを「恐れている」と語った。

「私はオリンピックを開催することを非常に恐れている」と彼は言った。 CNBC

「日本だけでなく、依然として大きく困難な状況にある多くの国々で、アスリートの派遣をどのようにサポートできるかわかりません。」

最近では、テニス界の大坂なおみやマスターズチャンピオンの松山英樹など、日本の著名なスポーツスターがパンデミックの最中に試合を開催することへの留保を表明しています。

宇都宮氏は、メガイベントのキャンセル費用の懸念を無視して、「キャンセルが発表されるまで」署名を集め続けると述べた。

「人々の生活はお金よりも重要だ」と彼は言った。

READ  岸は防衛大臣であり、萩田は貿易大臣である。