Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

3GWグリーン水素プロジェクトで日本のプレーヤーとオーストラリアの発電機チーム-pvオーストラリア

グリーン水素の主要な生産者および輸出者になるというクイーンズランド州の野心は、オーストラリアと日本のエネルギー会社のコンソーシアムとの政府所有の発電機スタンウェルを通じて後押しされ、グラッドストーンで提案されている大規模な生産および輸出プロジェクトの実現可能性調査を開始しました。

クイーンズランド州の発電機スタンウェルと日本最大の水素供給業者である岩谷産業は、グラッドストーンで3ギガワットの電解プラントを開発して日本に輸出し国内産業で使用するグリーン水素を製造する商業的実行可能性を調査するための1,040万ドルの実現可能性調査を主導します。

建設されると、提案されているグリーン水素プロジェクトはクイーンズランド州で最大になります。生産は2020年半ばに開始され、プロジェクトは2030年初頭までに3ギガワットを超える電解容量に達する予定です。

このプロジェクトは、年間最大36,500トンの再生可能水素を生産し、2026年時点で日本に輸出し、2031年には年間328,500トンに達し、予測される需要を満たすことを目指しています。

日本の水素市場の70%を供給しているスタンウェルとイワタニは、プロジェクトの計画調査をすでに完了しており、プロジェクトの商業的実行可能性を調査するための詳細な実現可能性調査を開始します。

この調査は、シドニーを拠点とするエネルギーインフラ事業であるAPAグループと、日本企業の関西電力、丸紅、川崎重工業を含む幅広いコンソーシアムからの投資によって支えられています。

再生可能エネルギー、水素製造、液化、出荷、調達など、水素サプライチェーン全体で経験を積んだコンソーシアムパートナーは、実現可能性調査に現物および金銭的な貢献をします。

オーストラリアと日本の企業のコンソーシアムの代表者が、グラッドストーンの大規模なグリーン水素製造施設の開発を調査するために署名します。

写真:スタンウェル

スタンウェルのCEO代理を務めるアダム・アスピナル氏は、州の初期の水素産業を発展させるためには、国際的およびオーストラリアのカウンターパートの参加が不可欠であると述べた。

「水素が商業化される道はまだありますが、水素技術のコストを削減し、業界の発展を支援するには、サプライチェーンのすべての部分にわたる主要なパートナーとのコラボレーションが重要です」と彼は言いました。

スタンウェルはすでにグラッドストーンの西にあるアルドガに水素生産基地として236ヘクタールの敷地を確保しており、水素の液化と積み込みの拠点としてグラッドストーン港に約100ヘクタールの敷地を取得する予定です。

このプロジェクトは最終的に、グリーン水素を液体の形で日本に輸出し、クイーンズランド州中部地域の大規模な産業顧客に供給することを目的としています。

APAのCEO兼マネージングディレクターのRobWheals氏は、この地域は再生可能エネルギープロジェクトに最適であり、年間300日以上にわたって良好な気象条件が見られると述べました。

「クイーンズランド州はオーストラリアで最高の太陽と風力資源のいくつかを持っており、輸出用の水素サプライチェーンを開発するだけでなく、私たちの地域でグリーン水素を放出することの利点を実証するのに良い位置にあります」と彼は言いました。

「水素におけるオーストラリアの利点は非常に大きく、このプロジェクトはクイーンズランド州が大規模な水素産業を発展させるのを支援する上で画期的なものになる可能性があります。」

このプロジェクトは、日本の経済産業省とオーストラリアの再生可能エネルギー庁(ARENA)から財政的支援を受けており、今週、プロジェクトに217万ドルの資金を提供したと発表しました。

実現可能性調査では、生産技術、水素液化プラントとLHキャリアの建設、関連する財務および環境アセスメント、およびマーケティングモデルを検討します。

ARENAのCEOであるDarrenMiller氏は、この調査はオーストラリアでの再生可能な水素輸出の機会の開発を加速するための「重要な機会」を示していると述べました。

「オーストラリアの広大な太陽および風力エネルギー資源とエネルギー製品を輸出する当社の実証済みの能力は、将来、広く競争力のある水素輸出産業を構築するのに十分な立場にあることを意味します」と彼は言いました。

「このような実現可能性調査は、大規模で影響力のあるプロジェクトに必要な資金を引き付けるためのケースを構築するために必要かつ重要なステップです。」

アクシオナは、この地域に600MWのソーラーファームを開発する計画を立てています。

写真:AccionaEnergía

この調査は、クイーンズランド州中部が従来の石炭とガスのハブからグリーン水素ホットスポットに移行する際のもう1つのステップを表しています。

今年初め、ロンドンを拠点とするエコエナジーワールドは、グラッドストーンに100MWのエネルギー貯蔵を備えた200MWのグリーン水素プラントの計画を発表しました。日本の大手住友もこの地域に水素製造プラントを建設する計画です。

スペインの再生可能エネルギー会社AccionaEnergíaもこの地域に注目しており、先月、グラッドストーンのグリーン水素センターの開発を支援するために、アルドガのソーラーファームを250MWから600MWに拡張する承認を取得したことを明らかにしました。

グラッドストーンは最近、水素技術グループのオーストラリア国立エネルギー資源ネットワーク(NERA)にも参加しました。このネットワークは、水素分野のプレーヤーをつなぐことでイノベーションと生産性を広めることを目指しています。

このコンテンツは著作権で保護されており、再利用することはできません。 私たちと協力し、私たちのコンテンツの一部を再利用したい場合は、以下に連絡してください。 [email protected]

READ  日本株は経済不安で下落、円高