Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

4月から日本語学校の国の新基準が始まる

4月から日本語学校の国の新基準が始まる

日本は、増加する外国人人口のニーズに応えるため、4月から日本語学校に対する新たな国家認定制度を導入する。

新制度では、日本語学校が認定を受けるためには人員配置やカリキュラムなどで一定の要件を満たす必要があり、認定校の講師は新たに日本語教師の国家資格を取得する必要がある。

2024年3月4日、東京都港区の青山国際学院で日本語教室が開催されます。 (京都)

この変化は、日本に住む外国人の数が2023年までに340万人以上に増加することを受けて起こる。 2022年度時点で日本人学生は約22万人いるが、日本国内に約2,700ある日本語学校の水準は大きく異なる。

新制度では、学校は年度ごとに教科の内容などを文部科学省に報告することになる。 学校の運営が不適切と判断された場合には是正命令の対象となります。

現在、学生ビザで外国人を受け入れている日本語学校は、今後も受け入れを予定しており、法律施行後5年経過後に国の認定を取得する必要がある。

認定校名は文部科学省のホームページに掲載されます。

日本語教師の資格を得るには、日本語教育に必要な知識と技能の水準を測る国家試験と実務研修に合格する必要があります。 インストラクターは、認定教育機関で教えてから 5 年以内にこの資格を取得する必要があります。

文科省は5月から学校認定の申請を受け付け、11月には日本語教師認定の第1回試験が予定されている。

青山国際教育学院(東京都港区)の村上誠所長は、新制度は「学校と教師の質の向上につながる」と前向きに捉えている。

認定申請の準備を進めている同学院には現在、中国やベトナムなどから大学や専門学校への進学を目指す留学生約350人が在籍している。

しかし、同庁事務局長の西原幸信氏など一部の関係者は、専任教員に対する要件の厳格化により、学校が教員を確保するのに課題が生じる可能性があると懸念を表明している。

外国人労働者や在留外国人に対する日本語教育は、新たな認定制度が導入されても変わらない。 教育省は今後、出入国在留管理庁などと連携して外国人労働者の言語サポートニーズに対応する予定だ。


関連報道:

就労ビザの増加により340万人の外国人が日本に滞在

留学生には日本政府奨学金の受給資格があります

長期滞在を促進する新たな海外研修プログラムを閣議決定


READ  経験に基づく優れた防災技術