Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

4月の日本の個人消費支出は14か月ぶりに増加

杉山敏著

東京(ロイター) – 金曜日のデータによると、4月の日本の家計支出は14カ月ぶりに前年同月比で増加したが、伸びは鈍いものの、物価上昇に直面しても消費者が依然として財布を緩めることに消極的であることが示された。

内務省のデータによると、4月の個人消費は前年比0.5%増加した。 市場平均予想の0.6%上昇を若干下回った。

季節調整済みの月次ベースでは、支出は予想の 0.2% 増加に対して 1.2% 減少しました。

スンボプラス研究所のエコノミスト、小池正人氏は「個人消費は長期にわたって低迷しており、依然として弱い」と指摘した。 「物価高は家計消費に影響を与える。」

個人消費の減速は、金融政策正常化の基本条件である堅調な賃金と持続的なインフレに基づく持続可能な経済成長の達成に努めている政策当局者にとって懸念材料となっている。

政府のデータによると、4月は教育、衣料品、靴への支出が増加したが、食料、娯楽、公共料金への支出は減少した。

この消費統計は、より慎重な委員の一人である日銀理事の中村豊明氏が最近国内消費が低迷していると述べ、インフレ率が年度から中央銀行の目標である2%を下回る可能性があるとの懸念を表明した翌日に発表された。このような状況が続く場合は 2025 年以降。

水曜日に発表された別のデータによると、4月の日本の所定内賃金は過去約30年で最も速いペースで上昇したが、インフレ調整後の賃金は依然として低迷し、記録的な連続減少が25カ月連続で続いた。

SOMPOプラス総合研究所の小池氏は、今春の労使協議後の賃金上昇、インフレ鈍化、住民税と所得税の一時減税が消費を押し上げるため、消費は徐々に改善すると予想されると述べた。

小池氏は「消費が低迷したままであれば金融政策の正常化は難しいが、実質賃金の回復が見込まれ、消費も回復すると考えられ、政策正常化に弾みがつくだろう」と述べた。

この記事は、テキストを一切変更せずに自動ニュース フィードから生成されました。

1 日で 36 億人のインド人が私たちを訪問し、総選挙結果に関するインドの議論の余地のないプラットフォームとして私たちを選びました。 最新のアップデートを確認する ここ!

READ  米国と日本の工場でサンダーランドアプローチを採用する日産の新戦略