Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

4月の日本の工場生産は、中国の閉鎖により3ヶ月で最初の減少を記録した-ロイターの世論調査

東京:日本の工場生産は、一部のメーカーが上海や中国の他の産業センターでの厳格なCOVID-19封鎖に見舞われたため、3か月ぶりに4月に減少した可能性があります。

18人のエコノミストを対象とした調査の中央値予測によると、日本の工業生産は4月に前月から0.2%減少する可能性があります。

これは1月以来の最初の減少を示し、3月の0.3%の増加に続きます。

SMBC日興証券のエコノミストは、「中国の閉鎖により、特に中国への輸出にさらされている一般的な電気機械部門において、(日本の)生産に影響を与える可能性があるため、輸出が抑制されている」と述べた。

トヨタ自動車やマツダなどの自動車メーカーも、中国でのコロナウイルスの蔓延に対抗するための厳しい規制により、国内生産計画の削減を余儀なくされています。

アナリストは、中国の反COVID規制の影響が、この夏、日本のメーカーに別のマイナスの懸念を引き起こし、既存の供給のボトルネックと原材料コストの上昇を増していると述べた。

調査はまた、3月下旬にCOVID制限が完全に解除されたおかげで、4月の小売売上高は前年比2.6%増加し、2か月目は毎年増加することを示しました。

産業省は、5月31日午前8時50分(5月30日グリニッジ標準時2350時)に工場生産と小売販売のデータを発表します。

調査によると、日本の失業率は4月に2.6%で安定していたが、応募者に対する雇用の比率は0.01から1.23に上昇する可能性が高い。 ジョブデータの期限は5月31日午前8時30分(5月30日グリニッジ標準時2330時)です。

READ  大規模な中国の閉鎖は経済的損失につながる