Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

4月15日:インドのスポーツニュースの締めくくり

テニス

モンテカルロマスターズ:ボバナ-マレーの夫が準決勝に進出

ローハン・ブバナと彼の英国のパートナーであるジミー・マレーは、金曜日にモンテカルロ・マスターズで準決勝に到達するために、印象的な走りを続けました。

ボバナとマレーは、1時間59分続いた準々決勝の試合で、第3シードのスペイン系アルゼンチン人マルセルグラノラーズとオラシオセバロスを7-6(8)、7-6(8)で破りました。

読む:ラドゥカヌには釘はないが、英国人は泥の上に足を見つける

インドとイギリスのデュオは、オランダの第7シードのウェズリーコロフとマレーの同胞であるニールスコプスキーを2-6、6-3で破りました。 [12-10] 全米デュオがテイラー・フリッツとセバスチャン・コルダを追い抜く前の彼の最初のラウンドの試合で6-4、6-7(7)、 [10-7] 準決勝に勝つ。

準決勝では、ブバナとマレーは、トップシードのアメリカとイギリスのデュオ、ラジーブ・ラムとジョー・ソールズベリーと対戦します。

結果:

ATP1000モンテカルロ

ダブルス(準々決勝):ローハン・ボバナとジミー・マレー(イギリス)、マルセル・グラノリェース(スペイン)、オラシオ・セバロス(アルゼンチン)7-6(8)、7-6(8)

ATPサラソタチャレンジャー

ダブルス(準々決勝):ユキ・バンブリとサックス・メネニーは7-6(3)、3-6、 [10-7] アレックス・ローソン(米国)とリース・スタルダー(米国)へ。 ジーバン・ネドゥンチェジヤンとハイス・ブラウワー(NED)は、アンドレ・ゴランソン(SWE)とナサニエル・ラモンズ(USA)に6-26-4で敗れました。

タイ、チェンライのITF男子から15,000ドル

シングルス(準々決勝):シッダールス・ラワットはスンチャンホン(韓国)に6-3、3-6、6-4で敗れた。

ダブルス(準決勝):アディル・カリヤンプールとシッダールス・ラワットがシンジ・ハザワ(日本)とタクト・ニッキ(日本)に6-4、6-2で敗れた

–Nihit Sachdeva

ジュニアデビスカップ:決勝でインドがカザフスタンに勝ち、日本と対戦

レイチェル・コスラは、AFCアジアカップとオセアニアジュニアデイビスへのホストの最終エントリーを確保したダニールカルディベコフを7-5、6-0で破り、彼の運動能力とストローク能力を強調したため、ワールドグループのインドの予選グループに素晴らしいタッチを提供しました金曜日にニューデリーのDLTAコンプレックスで行われる16歳未満のテニス選手権。

地域の上位3チームがワールドステージに出場する中、インドはシングルスで勝利を収め、重要でないダブルスで敗北を認めました。

ブーシャン・フバムは2時間40分前に戦い、3セット目で2-4の敗北から回復し、アミール・オマルカノフに6-4、4-6、6-4で勝ちました。

インドのレイチェルコスラは、金曜日にニューデリーのDLTAコンプレックスでカザフスタンと対戦するデイビスU-16アジアカップ準決勝でプレーします。 –Kamesh Srinivasan

キャプテンサジッドロディは、最終的に忘れられない勝利を主張するために第3セットで苦労したとき、ブーシャンにエネルギーとガイダンスを提供しました。 キャプテンがしっかりと伝えたメッセージは、ブチャンがホストにしっかりとした基盤を提供するのに役立ちました。

2番目のラバーでは、レイチェルは最初のセットで不安な瞬間を過ごしましたが、彼が競争を支配することができた後、彼は彼の巧みなゲームと強力なプレーでカザフを爆破しました。

他の準決勝では、日本人はオーストラリアの最後のバースへのアクセスを拒否するために印象的な運賃を提示しました。

オーストラリア人は、最初のセットを1-6で失った後、ヘイデン・ジョーンズを通して2番目のシングルを勝ち取るのに非常にうまくいきました。 それがオーストラリアの最高の戦いでしたが、決定的なダブルスでは、日本人がタイブレークで10-6でリードしました。

目標が達成されたので、明日の決勝でインドが日本をどのようにうまく処理するかを見るのは興味深いはずです。

結果(準決勝):

日本はオーストラリアを2-1で下した(チャーリー・カモにナウヤ・ホンダが6-2、6-4、ユタ・トミダがヘイデン・ジョーンズに6-1、4-6、3-6で敗れた;カモとジョーンズにホンダとトミダが7-6(4) ))。)、4-6、 [10-6])。

インドはカザフスタンを2-1で下しました(ブーシャンフバムはアミールウマルカノフを6-4、4-6、6-4で下し、レイチェルコスラはダニールカルディベコフを7-5、6-0で下しました。ブチャンとレイチェルはアミールとヴィタリーザツェピンに敗れました)。

–Kamesh Srinivasan

撮影

Mohli Ghoshは、金曜日にTughlakabadのDr Karni SinghFieldでTelutamaSenを16-8で破ったとき、彼女の3回目の全国射撃選択裁判で女性のエアライフルの舵取りに登場しました。

予選のエラベニル・ヴァラリヴァン(632.0)は、シュレヤ・アグラワル、ジーナ・キッタ、ナターシャ・ジャベリ、ラミタ、シュレヤ・サクセナに先んじて3位でフィニッシュしました。

ジュニアイベントでは、ZinaKhitaがRamitaを破ってトップに立った。 ナンシーはジュニアカテゴリーで3位にランクインし、イシャタクシムを16-4で破ってユース部門を上回りました。

結果:

10mエアライフル:

女性:1。Mohli Ghosh 16(261.9)629.1; 2-Telotama SEN 8(261.6)629.1; 3-エラフィニルバラリバン260.3(632.0)。

ジュニア:1。Zina Khita 17(262.8)629.1; 2-ラミタ11(263.9)628.6; 3-ナンシー261.5(627.8)。

ユース:1。ナンシー16(261.5)627.8; 2-Isha Taksale 4(261.8)626.6; 3. Yokthi Rajendra 261.2(626.4)。

–Kamesh Srinivasan

ゴルフ

マダッパはアジアの混合ステーブルフォードチャレンジでT-12とディクシャT-60に上昇します

インドのVirajMadabaは、金曜日にタイのパタヤで開催されたTrust Golf Asian Mixed Stableford Challengeゴルフトーナメントでの別のラウンドで、T-12に配置される素晴らしい第3ラウンドで、1つのボギーに対して5羽の鳥を撃ちました。

他のインディアン-RashidKhan(21ポイント)は第3ラウンドで3羽の幽霊に対して5羽の鳥を持っていてT-36でしたが、Veer Ahlawat(21ポイント)はT-36と同様に1羽の幽霊に対してワシと3羽の鳥を持っていました。 。

シブ・カプールは、2羽のゴーストとダブルに対して5羽の鳥を持ち、さらに5ポイントを追加して16に到達し、T-56でした。

戦いで唯一のインド人女性であるDikshaDaggarは、2羽の幽霊に対して3羽の鳥を飼い、合計15ポイントのT-60でした。 TvesaMalikはカットを逃していました。

-PTI

ユブラジシンサンドゥがPGTIプレーヤーズチャンピオンシップで優勝

ユブラジシンサンドゥは、Rsで5か月間で3度目の勝利を収めて熱い形を続けました。 金曜日にチャンディーガルで開催された50LakhTATASteelPGTIプレーヤーズチャンピオンシップ。

自宅でプレーしているサンドウ(70-67-65-69)は、最終ラウンドで69歳未満の3人を解雇し、17歳未満の271で1打の勝利を収めました。シーズンはRsの差し迫った賞の金銭的価値です。 これに追いつくために、8,08,250人がPGTIメダルオブメリットのポジションを固めました。

昨夜のキャプテンであるバングラデシュのモハマド・ザマル・フセイン・マラ(67-66-69-70)は、最後のホールで口ひげを生やして15フィートのヒットを逃したため、試合をプレーオフに持ち込むチャンスがありました。

-PTI

ガンジーは日本での今年の最初の外出で彼のカットを逃します

インドのラヘルガンジは、金曜日に日本の兵庫で開催された関西オープンゴルフ選手権の途中でミスしたため、第2ラウンドの最後のホールでダブルボギーを逃しました。

彼は日本ツアーでラウンド70と74に出場した唯一のインド人であり、144回以上の2回で、1回未満のカットを逃しました。

-PTI

READ  ハリー・ケインがトッテナムでパコス・デ・フェレイラをダブル敗北| ヨーロッパカンファレンスリーグ