Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

4月17日:インドのスポーツニュースの締めくくり

テニス

インドは6位にランクされ、韓国、香港、シンガポールと対戦し、月曜日からDLTAコンプレックスで開催されるAFCU-14世界選手権で4位にランクされています。

先週金メダルを獲得したU-16選手の忘れられないパフォーマンスと、4位に終わったU-16女子チームの大失敗の後、現在のチームにはいくつかの期待があります。

キャプテンナミタパルは、チームが潜在能力を発揮することへの自信を表明しましたが、結合されたチームのいくつかは非常に強力でした。

トライアル後にブーチャン・フバムがチームに加わったU-16男子チームのように、元のチームの指名後、同様のシステムがU-14女子チームの昇進に採用されました。

また読む| ジュネドとラマンディープは、男子と女子の35km競歩で全国記録を書き直しました

「サイ・ジャンビは上手く、2倍のプレーがとても上手だ。2番目に予備として保持され、チームに残るサライ・ゴクラマンダの後任となる」とナミタは語った。

予選のチャンスを最大限に生かすことを目的としており、チームの経営陣は選手とその両親に自信を持って戦略を明確に示しました。

オーストラリア人と日本人はこれからも素晴らしい選手であり続けます。 特にオーストラリアは、ジョーンズ家から見事に奉仕されました。 エマーソンジョーンズは、16歳未満の女子チームがチャンピオンになるのを手伝いました。 彼女はU-14チームでもオーストラリアの先頭に立っています。 さらに、彼女の兄弟であるヘイデンジョーンズは、オーストラリアの16歳未満のチームがこの地域で3番目に優れたチームとしての資格を得るのに役立った直接のワイヤーでした。

Indian Boys U-16はリーグでオーストラリアに敗れましたが、ついに笑い、大成功でタイトルを獲得しました。 彼らは確かに若いバンドに多くのインスピレーションを与えました。

4つのグループのそれぞれから最高の2つのチームが準々決勝に進みます。

グループ:

  • グループ1:オーストラリア、スリランカ、レバノン。
  • グループB:日本、マレーシア、タイ。
  • グループC:韓国、香港、シンガポール、インド。
  • グループD:ウズベキスタン、イラン、ネパール、カザフスタン。

カメシュ・スリニヴァサン

撮影

Mihuly Ghoshは、日曜日にTughlakabadのDr Karni Singh Fieldで行われた第4回全国射撃セレクショントライアルで、かつての世界ナンバーワンのElavinil Valarivanを16-8で破り、女子エアライフルの競争でトップになりました。

480人のボウラーの堅実なフィールドで629.4で6位に予選した後、ミフリーは準決勝と決勝で止められませんでした。

ナンシーはベネータ・バルドワジ、メガナ・サガナール、カシカ・プラダン、そして予選リーダーのアヨシ・ポディエとリヤ・ヤダフに先んじて4位でフィニッシュした。

ナンシーは、3つのイベントすべてで彼女をトップ3に入れるのに素晴らしかったです。 彼女はテルタマセンに次ぐジュニアで2位であり、ラミタとテルタマに先んじてユースイベントで1位になりました。

結果: 10mエアライフル:

女性:1。Mohli Ghosh 16(262.8)629.4; 2-エラベニル・ヴァラリヴァン8(261.5)629.9; 3-ナンシー260.0(630.2)。

ジュニア:1。Tilottama Sen 17(261.2)627.5; 2-ナンシー7(263.0)630.2; 3. Rhea Gupta 261.1(628.5)。

ユース:1。ナンシー16(261.2)630.2; 2-ラミタ10(261.3)628.4; 3. Tilottama Sen 261.2(627.5)。

カメシュ・スリニヴァサン

READ  ロシアがウクライナを侵略する中、日本とNATOは関係を強化