Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

46年前に北朝鮮に拉致された日本人女性の集会が開かれた

46年前に北朝鮮に拉致された日本人女性の集会が開かれた

46年前に北朝鮮に拉致された日本人女性の家族らは、日本政府に対し、できるだけ早くこの問題を解決するよう求めている。

土曜日の集会は日本の海岸沿いの都市ニキータで開催された。

横田めぐみさんは1977年11月15日、学校帰りに市内で拉致された。 彼は先月59歳になった。

父・茂さんは娘と再会できないまま3年前に亡くなった。 めぐみさんの母・咲さんは現在87歳。

佐木さんはオンラインで集会に参加し、全国で演説や署名を集めるなどできる限りのことはやったが、問題はまだ解決していないと語った。

同氏は政府が問題解決に向けて真剣な行動を取るべきだと主張した。

めぐみさんの兄弟、拓也さん(55)と哲也さん(55)も集会に参加した。

拓也さんは、めぐみさんが13歳だった時の姿を覚えているのは家族だけだと言い、それは残酷だったと語った。

母親の夢は、めぐみさんを一緒に見て、雲を見て「やっと自由になったね」と伝えることだったという。

彼女の選択は単純で、諦めることはできなかったと語った。

北朝鮮による拉致から21年前に帰国した草加ひとみさんも参加した。 一緒に誘拐され、まだ戻っていない母親の三好さんのことを話した。

来月には母が92歳になることと、三好君が元気で辛抱強く待ってくれることに期待を寄せた。

創価はすべての拉致被害者に対し、帰国と家族との再会を支援するよう呼びかけた。

もう一度母親の世話をしたいと彼は言った。

READ  シカゴの日本文化センターでは、市内の日本の歴史を眺めることができます。