Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

5週間で北京で3回目の砂嵐| 中国

5週間で3回目の大きな砂嵐が発生し、木曜日に北京の空がセピア色になり、中国の首都の大気質が低下しました。

干ばつがモンゴルを襲い、モンゴルの風によって北西の風が吹いた 中国、肺に浸透する可能性のあるPM10汚染物質のレベルを、1立方メートルあたり999マイクログラムに送信しました。これは、によって示される「危険な」段階のほぼ2倍です。 北京の大気汚染品質指数をリアルタイムで

ザ・ 世界保健機構 24時間でレベルが1立方メートルあたり20マイクログラムを超えないようにすることをお勧めします。「高濃度の小粒子(PM)への曝露の間には密接な量的関係があります。10 そしてPM2.5)そして、毎日および時間の経過とともに、死亡率と罹患率が増加しました。

砂の粒子はモンゴルと内モンゴルの中国地域に由来し、強風が汚染物質を中央および東部地域に輸送すると予想されます。 中国 金曜日までに、 中国 気象局は言った。

空気中の砂の量は、北の2つの砂嵐の量よりも少なかった。 中国 しかし、気象局によると、先月は風速が速く、ほこりっぽい天気がより速く、より遠くまで移動することができました。

「私は気分が悪い。今年は砂嵐がたくさん見られた」と北京に住み、金融部門で働いている48歳のゲイリー・ジは言った。

「(空気の)質は前の年よりはるかに悪い」と彼は付け加えた。 「呼吸が困難になります。目や鼻に砂が入ります。」

嵐が北京を襲ったとき、林業と気象学者のチームが砂嵐の研究を行うために内モンゴルに到着しました。 環球時報 言及した。

中国で毎年吹く砂嵐の半分以上は海外、特に南モンゴルから来ている、と中国の乾燥した甘粛省の代表は先月議会に提出された動議で言った。

北京は、砂嵐を防ぐために国境に沿って何百万本もの植樹を行っています。これは「グレートグリーンウォール」として知られるプロジェクトの一環です。

別の北京居住者は、「気候変動がすべてだと感じている」と述べた。 「(私たちは)それについて多くをすることはできません。」

ロイターはこのレポートに貢献しました

READ  中国の侵略によりフィリピンの外交官が揺れる| 南シナ海ニュース