Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

65歳未満の方なら誰でも、日本で同時にCOVIDワクチンを利用できます

保健大臣は日曜日に、日本で65歳未満の人々のためにコロナウイルスワクチンを準備することは、基本的な状態にある人々のプロセスを迅速化するのに役立つと述べました.

保健省はすでに、6月中旬から65歳未満のすべての人に予防接種券の送付を開始するよう各自治体に指示しています。 しかし今では、基礎疾患のない人でも、来月バウチャーを受け取ったときに仕事をすることができます。

田村憲久厚生労働大臣はNHKのイベント放送で、「(基本条件付きの)全員が予防接種を受けるまで待っていては、いつ終わるか分からない」と話した。

2021年5月24日、東京・大出町のビジネス街で撮影された建物。 同日、集団コロナウイルス予防接種センターが開設された。 (京都) == 京都

政府は何人が適格であるかについてのデータがないため、優先ワクチンの受給資格がある人は、独自に地方自治体に報告する必要があります。

日本の予防接種プログラムは、主要な医療従事者を対象に 2 月に開始され、4 月には 65 歳以上に拡大されました。 政府は、7月31日までに高齢者の予防接種を完了した後、高齢者、老人ホームで働く人々、そして最終的には一般の人々に予防接種を行う予定です。

しかし、政府は、他の国に遅れをとっている国の予防接種リストをスピードアップしようとしており、人口の6%が少なくとも1回の接種を受けています. 東京、大阪、その他の7つの州でのCOVID-19緊急事態宣言は、首都でのオリンピックの開始のわずか1か月前の6月20日金曜日まで3週間延長されました。

国のワクチン接種の取り組みを担当する河野太郎大臣は、土曜日のオンラインプログラムで、高齢者用ワクチンが自治体に提供された後、政府は誰を優先するかについての決定を残すと述べた.

田村氏は、地方自治体は基本的な条件を優先して、65歳未満の人々に予防接種を提供する準備をするべきだと述べた.

連邦政府は、5 月に日本の職場で、米国の製薬会社モデルナにワクチンを届けることを検討しています。

防衛軍が運営する新型コロナウイルス感染症の大規模予防接種センターは、開所1週間後の月曜日から本格稼働し、1日あたりの最大接種数を東京で1万本、大阪で5千本に増やす。

現在65歳以上を対象としたこれらのセンターは、東京の首都圏で約900万人、大阪、京都、兵庫の西日本の3つの地方で約470万人が利用できます。

9州で緊急事態宣言が発令され、先日10州に追加された沖縄は、感染拡大の影響で6月20日の期限までに解除される可能性はあるが、「その後の再発防止策が必要」前記。

READ  ライオンズチームの日本戦にはイングランド代表が2人しかいません。