Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

6Gの開発で日本がフィンランドと協力

東京 – 日本とフィンランドの業界​​団体が第6世代通信技術の共同研究開発を行い、中国企業の影響がますます大きくなる分野で6G規格の作成をリードすることを目指します。

この分野の世界的リーダーであるフィンランドの通信会社ノキアがこの取り組みに参加します。

日本プロモーション協会 Beyond 5G は、フィンランドのグループ 6G Flagship との契約をまもなく締結する予定です。 合意は火曜日に日経と日本の総務省が主催する2021年のワールドデジタルサミットで発表される。

このイニシアチブは、4月に発表されたパートナーシップで、次世代通信技術の開発に向けた日本と米国による45億ドルのコミットメントに続くものです。 安全な通信を促進するために「第三国」に協力を拡大することは、世界基準を設定するために中国と競争するのに役立つと見られている.

2030年に6G技術の商用化を目指すBeyond 5Gコンソーシアムには、東京大学と日本電信電話、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの日本の大手通信会社が参加している。 そして楽天モバイル。 フィンランドのオウル大学が率いる 6G フラグシップ。

日本コンソーシアムのメンバーは、共同研究プロジェクトや人材交流に参加します。 このグループは、通信サプライヤの Cisco Systems やチップ メーカーの Intel を含む米国の相手方と将来の協力について話し合っています。

日本の開発者が所有する5G特許のシェアは、韓国のサムスン電子や米国のクアルコムなどに後れを取っている。 NTT ドコモは 5G 特許の約 6% を保有していますが、中国の Qualcomm と Huawei Technologies は約 10% です。

日本の総務省は、6G 特許で最低 10% の株式を取得し、機器とソフトウェアで 30% 以上の株式を取得することを目指しています。

READ  BMWとフォードは全固体電池のスタートアップに1億3000万ドルの投資を主導