Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

7月14日に日本に向けて出発するインドのアスリートの最初のバッチは、IOAのRajiv Mehta-Sports News、Firstpostが言います

Mehtaはさらに、ユニットの残りの部分が7月16日から19日まで移動することを通知しました。

東京2020のオリンピックのロゴとバナー。AFP

チェンナイ: インドオリンピック連盟のラジブ・メタ事務局長は土曜日に、東京行きのオリンピック選手の最初のバッチが7月14日にエアインディアのチャーター機で出発する予定であると語った。

Mehtaはさらに、ユニットの残りの部分が7月16日から19日まで移動することを通知しました。

東京に到着すると、すべてのアスリートと役員は検疫に3日間滞在する必要があります。

「3日間の検疫があります。到着日はDayZeroと呼ばれます。検疫後、先に進むことができます」とIOAの関係者は、ここでYOUTHINKとSunshine高校が主催したイベントで祝福しました。 東京オリンピックに出場したインド人アスリートの一人。

「オリンピックのためのアスリートと役員を含むインド大隊の最初のバッチは、7月14日にエアインディアのチャーター便で出発します。残りの役員は7月16日から19日まで旅行します」とMehtaは言ったと伝えられました。 プレスリリース。

東京オリンピックは7月23日から8月8日まで開催されます。

メタはそれを認めた COVID-19(新型コロナウイルス感染症 パンデミックは、大会へのインドのアスリートの準備にいくらか影響を及ぼしました。

「…(しかし)チームインドは大会に向けて完全に準備ができており、フェンシングの歴史的な前例を含め、これまでに115人のアスリートが18のスポーツに出場している」と彼は語った。

タミルナードゥ州のCAバヴァニデビは、オリンピックで場所を予約したインドからの最初のフェンシング選手になりました。

初のオリンピック出場権を獲得した卓球選手のジ・サティアン氏は、ファンなしでプレーするのは難しいだろうが、自宅からのサポートは彼らのやる気を維持するのに役立つだろうと語った。

イベント中、バヴァニ・デヴィは、女性である彼女のスポーツで成功を収めるために多くの課題に直面したと述べました。

ローイングプレーヤーのチャラスカマルとランナーのドウティチャンドもこのイベントに参加しました。

READ  レクサスUCはトヨタGR86のより豪華なハイブリッドバージョンである可能性があります