Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

7社の外国IT企業が日本に登録しなかったために罰金を科される

7社の外国IT企業が日本に登録しなかったために罰金を科される

司法省はついに忍耐力を使い果たし、日本での登録に遠隔的に関心を示さなかったとして、7つの海外IT企業を制裁するよう裁判所に指示しました。

7月1日にとられた行動は、同省にとって初めての行動でした。

昨年12月と昨年3月に、同省は48の外国IT企業に会社法により登録が義務付けられていることを通知しました。 両社は通信省に日本で電気通信事業を営む旨の通知を送ったが、わざわざ登録することはしなかった。

その中には、ITの巨人であるGoogle、Meta、Facebook、Instagram、Twitterの運営者が含まれます。

3社は登録の意思を示しているため、罰金を科される7社には含まれていません。

会社法では、日本で事業を行う外国の事業者は、外国企業として登録し、その国でのすべての事業を担当する現地の代表者を指名する必要があると定められています。

登録を依頼された最初の48社のうち、2社はその後日本で店舗を閉鎖しました。

他のほとんどは登録の兆候を示さなかったので、部門は6月に、要求を無視し続けると罰金が科せられるという通知を送信しました。

7月1日までに、8社が登録手続きを完了するか、申請書を提出しました。 別の31人は彼らが同じことをする気があると言った。 7月22日までに登録する必要があります。

7社は、同省からの繰り返しの要請を無視し続けることで、最高100万円(7400ドル)の罰金を科せられる可能性がある。

外国企業の登録は、誹謗中傷やその他の憎悪行為の被害者がソーシャルメディアに広まるのを助けることを目的としています。

被害者は、悪意のあるゴシップを広めた人々に関するデータを入手するために、裁判所に会社情報を提供する義務があります。 しかし、会社が日本で登録されていない場合、個人は海外の本社から関連情報を取得するために費用と時間のかかる戦いに直面することになります。

(この記事は田内浩介と杉山あゆみが執筆しました。)

READ  日本は国内航空機産業向けの330億ドル規模の新たな取り組みで水素に注目