Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

8月の日本への外国人観光客は220万人に達する

8月の日本への外国人観光客は220万人に達する

水曜日の政府データによると、8月の日本への外国人訪問者数は215万6,900人で、コロナウイルス流行前の2019年の同月と比べて85.6%増加した。

日本政府観光局によると、観光客数は初めて80%を超え、回復傾向が続いている。

先月の中国本土からの到着者数は合計36万4100人で、パンデミック前の2019年の水準の36.4%に達し、7月からは約5万人増加したが、2019年8月からは63.6%減少した。

8月10日に自国民の日本への団体旅行制限を解除した中国は、他国・地域からの入国者数ランキングで3位となった。 韓国からの入国者は56万9,100人で4年前と比べて84.3%増加したが、台湾からの入国者は5.7%減の39万6,300人となった。

観光庁は、中国の規制緩和の全面的な影響は、主要なホリデーシーズンが始まる10月1日以降に明らかになるだろうと予想している。

しかし、8月に始まった、故障した福島第1原子力発電所からの放射性処理水の日本海への放出に中国政府が反対しているため、日本への中国人ツアーの一部がキャンセルされた。

航空関係者によると、中国人観光客は精製水の放出を始めた後も日本行きの航空券を予約し続けているという。

観光コンサルタントの近藤剛氏は、中国の消費者は日本への旅行に熱心で、2024年の春節休暇中に中国からの入国者数がパンデミック前の水準に戻る可能性があると述べた。

8月の外国人入国者総数は7月から232万600人に減少した。 しかしJNTOは、データは7月にピークに達すると述べた。

一方、8月の日本人海外渡航者数は120万1,200人となったが、2019年同月比43.1%減となった。

出発者数は7月と比べて30万人以上増加した。

READ  日本の国営銀行がロシアのガスプロジェクトへの融資を停止