Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

8月の雨と暑さがおさまった後、日本の九州地方では野菜の価格が上昇



2021年9月1日、福岡市南区で8月の雨の影響で分布が不安定な野菜が発見されました。 一部の店舗では、不足を知らせる看板を掲げています。 (ミニチ/金沢実)

福岡-8月中旬の降雨により、九州南西部で栽培されているきゅうりやなすなどの葉物野菜や夏野菜の価格が高騰しました。

7月頃までは野菜の値段が通常より安かったのですが、1週間の大雨で供給が少なく、収穫量の少なさなどの問題がありました。 今のところ、一部の商品の価格が高くなるようです。

福岡市南区の野菜商人代表は9月1日、「市場の供給が少ない。商品がつかみにくい」と嘆いた。 78円(約0.70ドル)で一足298円(約2.70ドル)。

近くのスーパーとの競争で迷って売ることにしましたが、今でもきゅうり2本が198円(約1.80ドル)で売られています。 大分県で栽培されているごや苦いカボチャは、1個298円で販売されています。 ミニチチンパンジーを心配しているお客様もいらっしゃいました。「品数が通常より少なくなっています。高ければ住宅費が気になります」。

大雨による日光不足は九州の栽培作物の栽培に影響を及ぼし、野菜市場の供給不足に大きな影響を与えてきました。 熊本県、佐賀県、大分県、福岡県で栽培されている茄子、きゅうり、トマトのシェアは、通常の水準から50〜70%低下しています。 農林水産省九州地方農務局は、ナス、トマト、ピーマンを含む8商品の9月の卸売価格が8月よりも高くなると予想していると述べた。

しかし、スーパーマーケットを含む企業は、可能な限り価格を管理しようとしています。 福岡県に本社を置き、北九州に本社を置くスーパーマーケットチェーンのHulodeの関係者は、MinichiShimpunに次のように語った。

関係者は「過去5年から6年の間、九州産の夏野菜の値段が上がってきた」と続けた。 モンスーンは激しい降雨と極度の暑さの間をさまよっています。つまり、モンスーンは農産物を育てるのに厳しい環境になっています。

8月の大雨により、福岡県久留米市田中野院農園のビニール温室で白いキノコが生産され、葉物レタスが栽培され、苗木がすべて破壊されました。 被害は5年連続。 農園主の田中海塚氏は、「消費者には、価格変動だけでなく、農業被害の原因となる気候変動問題にも注目してもらいたい」と語った。

(今野有希、ひかひろし、スネカマユ、九州ニュースの日本原作)

READ  4.1マグニチュードの地震が北海道留萌市留萌市を揺るがす