Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ABC貿易会議は共同声明なしで終了し、ロシアとは別のまま





萩生田浩一経済貿易産業相は、2022年5月22日にアジア太平洋経済協力(APEC)を構成する21カ国の貿易大臣が会談した後、バンコクでの記者会見で講演しました(京堂)

バンコク(京堂)-アジア太平洋地域の貿易大臣会合は、ロシアのウクライナ侵攻に関する意見の不一致により、共同声明を発表せずに日曜日に終了した、と日本の大臣は述べた。

日本の萩生田貿易相は、Covid-19後の世界の経済成長を後押しする方法に焦点を当てたバンコクでの2日間の会議の結果は、議長の声明に反映されるべきであると述べた。

萩生田氏は記者会見で、「加盟国間でロシアの文言を調整する際に大きな違いがあった」と述べた。

関係者によると、APECを構成する21カ国(世界の3大経済国である米国、中国、日本を含む)の大臣は、食料安全保障、エネルギー価格の上昇、サプライチェーンの強化などの問題について話し合った。 。

約3か月間続いている侵略に抗議して、ロシアの経済開発大臣であるマキシム・レシェトニコフが会議中に発言したとき、日本、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、米国の5つの経済圏のトップ代表が辞任した。 。

READ  2022年の基礎ストライキ能力に関する日本の議論のエスカレート