Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

AIによる猫の健康管理支援

AIによる猫の健康管理支援

北方真由美さんは猫の撮影に忙しい。 しかし、それは彼のギャラリーに追加したり、ソーシャルメディアで共有したりするためのものではありません。 これで猫の健康状態をチェックできるはずです。 マユミさんは毎日写真をアプリにアップロードし、猫に不快感や体調不良の兆候が見られると通知してくれる。

チーという名前の猫は14歳で、まゆみの様子が良くないことを心配しています。 北方真由美さんは、アプリ上の黄色いマークを指して、「この黄色いマークは、猫が痛みを示していることをアプリが示しているときに表示されます。 しばらく続くようであれば、私の場合は電話で獣医師に連絡します。 このような結果が数日続くと、(猫に)何かが起こっていることに気づきます。

マユミは CatsMe! というアプリの早期導入者です。 このアプリは、猫が苦しんでいるかどうかを知ることができ、ペットの親が詳しい検査のために獣医に行くべきかどうかについて十分な情報に基づいた決定を下すのに役立つと主張している。 マユミは長い間猫を飼っています。 数年前、彼女は8歳の時にもう一匹の猫、ソーレンをがんで亡くしました。 「すでに死んだ猫の写真を CatsMe で使用したのですが、その結果、その瞬間に猫が苦しんでいたことが分かりました。このアプリがあれば、猫を救えたのではないかと思います」と彼女は涙をぬぐいながら語った。

このアプリの共同開発者である枝村和也教授によると、このソフトウェアは6,000枚の猫の写真を使ってトレーニングされたという。 昨年のリリース以来、このアプリは 230,000 人以上のユーザーに使用されています。

「私たちは、痛みを示した猫の表情を評価しました。ソフトウェアのAIは、(テストしている)猫の現在の表情が評価された顔とどの程度一致しているかを判断できます。私たちはすでに、痛みを示した猫の症例報告を持っています。」実際に痛みがあったので、そのフィードバックをソフトウェアにフィードバックすることができました。その結果、アプリの精度は 95% 以上になりました」と枝村教授は言います。

ニティン・ア・ゴカレ Whatsapp チャンネル

枝村教授は、訓練された目であれば不快なペットを見つけることができるが、多くのペットの親はそれができないと述べている。

「私たちの統計によると、高齢の猫の70%以上が関節炎や痛みを抱えていますが、病院に行くのはわずか2%です。これは、飼い主が猫が痛みを感じていることに気づいていないためです。このアプリを作成した目的は、猫を助けることです」飼い主は、さまざまな種類の痛みや、猫が正常に機能していないときについて学び、(さらなる検査のために)病院に来るよう促します」と彼は付け加えた。

世界中のどこにいても、ペットは愛情深い仲間です。 しかし日本では、彼らはさらに大きな役割を果たしています。

日本は高齢化が進み、出生率が低下しています。 日本ペットフード協会によると、昨年国内でペットにされた犬猫の数は約1600万匹で、これは15歳未満の子供の数を上回っている。

READ  キングダムハーツタマコッチスは今年後半に日本で発売されます