Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

AIトレーニングに必要な日本のウェアマスクのPICS

顔認識ソフトウェアをトレーニングするための大量の画像の必要性が高まる中、日本のマスクを装着した1,000枚の顔画像のデータセットに対する需要が急増しています。

ストックイメージサイトの運営者は、AIベースのソフトウェアを使用して人々の顔やオブジェクトをスキャンし、データベースにあるかどうかを確認する企業からの高まる需要を利用するために、コンテンツをバンドルで表示します。

ストックイメージは、企業の広告やメディアレポートでよく使用されます。 オペレーターは、顧客が特定の条件下でこのコンテンツを使用する契約に署名したときに、Webサイトに投稿された画像のプロバイダーに支払います。

ストックフォトは、顔や人間の要素を認識するためのAIのトレーニングでますます使用されています。これは、この目的で多数の画像サンプルをキャプチャする手間を省くためです。

日本の顔写真の需要が高い

日本の主要な写真プラットフォームPixtaの運営者であるPixtaは、2018年にAIトレーニングデータの提供を開始しました。顔画像は、顧客、特に電気機械やカメラのメーカー、大学などの研究機関の間で最も人気のあるアイテムです。

東京都渋谷区に拠点を置くピクスタは、日本人の顔を認識するAIベースのプログラムをトレーニングするためのさまざまなデータを提供しています。

白人は、機械学習アプリケーションで使用される人間の画像の大部分を占めています。 これは、肌が暗いときに写真に写っている人物を正確に識別できないシステムの問題が拡大していることに起因しています。

Pixtaは、日本人が多い場所で使用する顔認識システムの精度を向上させるために、このデータが役立つことを期待する顧客から、日本の顔画像の在庫についてより多くの問い合わせを受け始めています。

2021年6月、同社はマスクを着用した日本人の顔の画像1,000枚を含むデータセットの提供を開始しました。 同年、AI研修データの問い合わせは前年比3倍になりました。

パンデミックの中でのマスク着用の蔓延により、メーカーは顔認識ソフトウェアを更新して、マスクで人間の顔を認識し、口や周囲の情報がなくても個人を識別できるようにする必要がありました。

メーカーは、マスクやその他のアイテムで覆われた人間の顔の画像を使用してAIをトレーニングするのが便利だと感じています。

「マスクを着用している人の画像についての問い合わせが増え始めたので、それらをデータセットとして提供し始めました」と、Pixtaのカスタマーサービス担当責任者である福本さやか氏は述べています。 「このサービスが、クライアントが研究のためにそれらの画像を収集する時間とエネルギーを節約するのに役立つことを願っています。」

データセットを作成するために、Pixta管理者は、プラットフォームに投稿されたときに「マスク」や「日本語」などのタグが付いた画像を検索します。

機械学習アプリケーション用の編集済み画像データのセットは1つあたり165,000円($ 1,300)で、未編集の画像のパッケージは99,000円で提供されます。 Pixtaの関係者によると、一部の顧客は一度に10を超えるデータセットを購入します。

AIトレーニングデータベースの使用に関するグローバルルールはありません

ゲッティイメージズ株式会社世界最大の画像プラットフォームを運営するシアトルを拠点とする企業も、約4年前に、日本やその他の地域で機械学習アプリケーションにデータセットを提供し始めました。

何百万もの画像を使用する権利をメーカー、小売業者、公的機関に売却しました。 たとえば、農業分野では、果実の収穫または出荷時の熟度を迅速に評価するために、熟した果実の画像を使用することが非常に求められています。

同社はまた、顔認識システムを開発するためにAIトレーニングデータを必要とする人々にデータセットを提供していましたが、そうすることをやめました。

Pixtaとは異なり、ゲッティイメージズは慎重なアプローチを採用しています。これは、機械学習を目的としたこのようなデータの使用に関する国際的なルールがまだ設定されていないためです。

人々の写真を写真のウェブサイトにアップロードする人は、サンプルバージョンを持っているか、事前に写真を投稿するために被写体からの承認を得る必要があります。

ゲッティイメージズは3月に、モデルが画像にキャプチャされた生体認証データを使用して機械学習アルゴリズムをトレーニングし、生体認証技術を開発することに同意するかどうかを確認するための新しいリリースフォームを提出すると発表しました。

「グローバルプライバシー法は急速に進化しており、多くの法域では、AI/機械学習の目的で生体認証データを使用することへの明示的な同意が必要です」とゲッティイメージズの関係者は述べています。 「新しいモデルをリリースすることで、バイオメトリクスを使用してリリースされたデータセットを構築し、同意が得られたことを顧客に法的に確信させることができます。」

「海外の規制当局は、EUの一般データ保護規則など、個人データを保護するための法的枠組みを作成する動きを見せています」と、個人情報の保護に経験のある弁護士である板倉雄一郎氏は述べています。

Pixtaは主に日本の顧客を対象としています。

政府の個人情報保護委員会によると、日本の個人情報保護法では、フォームの個人データを含む写真を第三者に提出する場合、企業は写真で人々に通知する必要があると定められています。

しかし、法律は企業がそうする目的を特定することを要求していません。

早稲田大学知的財産法教授の上野達弘氏は、第30条第30項に定める原作の著作権がなくても、原則として機械学習などの情報を自由に利用できると述べた。著作権法の4。

「私たちは、他社の変化する傾向や動きを追跡することにより、リリースモデルを定期的に見直しています」とPixtaのPRオフィサーは述べています。 「私たちは、関連する法律を見直し、適切な対応をとるために、動きを注意深く監視し続けます。」

READ  EUのリコールからベトナムが安全:日本のインスタントラーメンメーカー