Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Alok Sharma が Cop27 会議で警告 | 警官 27

昨年グラスゴーで開催された COP26 気候サミットの議長を務めた元英国閣僚の Alok Sharma 氏は、COP27 で代表団に対し、地球温暖化を 1.5°C 以下に抑える可能性は危険にさらされている可能性があると警告した。

「出発するか エジプト 2030年以前の野心に関するハイレベル閣僚円卓会議の開会式で、シャルマ氏は「1.5Cを維持していなければ、これは1.5Cを失う警官になるだろう」と述べた。

彼は、気温上昇を産業革命以前の水準から1.5℃に抑えるという世界的な目標を順守することは、世界のすべての国にとって「レッドライン」であるべきだと述べた。 警官 27「元に戻す」ことはできない、と彼らは主張した。

彼は、現在の会談とは非常に異なる地政学的状況で昨年達成されたことを閣僚会議に思い出させた。

「Cop26で、私たちは集合的に、気温上昇を1.5°Cに抑える努力を追求することを決定しました」と彼は言いました. 「グラスゴーとパリで合意したことは、私たちの野心の基盤であるべきだといつも言ってきました。私たちはその約束を果たさなければなりません。後退を許すことはできません。」

しかし、彼は次のように警告した。何百万人もの間… 1.5°Cになるはずです.” Cは赤い線です.これは、1.5Cを失うCopではありません.

「私たちはこのために戦わなければなりません。そして、あらゆる程度が確かに違いを生み出します。それは違いです…許容できる存在と不可能な未来の間の違いです。」

彼は、各国が1.5°C目標に沿って温室効果ガス排出量を削減する方法を明確に定義する必要があると述べました. 「現在、G20首脳会議が進行中だ」とバリでのサミットに言及して彼は言った。 「彼らはパリとグラスゴーへのコミットメントを再確認する必要があります。」

彼は、国が決定した貢献と呼ばれる改訂された国家排出計画をまだ提出していない国に、それらを緊急に実施するよう求めた. 彼はまた、石炭と化石燃料への補助金のより迅速な段階的廃止と、コップ・ワーク・プログラムにおける技術的問題の解決を求めた。

彼は、1.5Cの目標を維持することが他の重要な問題の中心であると付け加えました 警官 27これには、気候変動に関する資金や、損失と損害をめぐる紛争が含まれます。 “真実 [that] 進展なし [cutting emissions] 私たちは適応能力を超えて行きます。もちろん、ここでの損失と損害の進展を見たいと思いますが、コミットしない限り [1.5C] すべてがより困難になるでしょう。」

彼は次のように締めくくった。「将来の世代にこの条件付きの条件と、私たち一人一人を国家としてどのように見てもらいたいかを知らなければなりません。決定するのは本当に私たち次第です.1.5Cを維持することを決定したいと思います.」

この警告は、一部の国が 1.5C 前後の文言を弱めようとする可能性があるという懸念の中で出されました。 Simon Evans が月曜日に Carbon Brief から報告した 一部の国は、Cop26 で合意された 1.5C 濃度から、2016 年のパリ協定で合意されたより高い 2C 制限に移行することを推進していました。

READ  テキサスの最大の企業は、怒りにもかかわらず、州の中絶禁止について沈黙を守っています。 テキサス