Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

APSA ノミネート: Camila Andini Presents ‘Before Now and Then’

APSA ノミネート: Camila Andini Presents ‘Before Now and Then’

カミラ・アンディーニの「Before Now and Then」(「ナナ」としても知られる)は、アジア パシフィック スクリーン アワードのノミネートをリードし、最優秀作品賞と最優秀監督賞を含む 4 つの部門でノミネートされました。

共産主義者の粛清を逃れた甘い女性の記憶を中心に展開するこの映画は、それぞれ 3 部門で 3 部門にノミネートされ、僅差で 3 部門を上回りました。 キルギスの俳優アクタン・アレム・クバットによる「That’s What I Remember」(「Filter it」としても知られる)。 フィリピンの監督ラブ・ディアス「波が去ったとき」(カパグ・ワラ・ナン・マガ・アロン)。

そのネットワークを放送する APSA は、アジア太平洋に指定された 78 の国と地域から優れた映画の栄誉を求めています。 賞は、2022 年 11 月 11 日にオーストラリアのゴールドコーストにある HOTA で開催される授賞式で授与されます。

作品賞候補は、「Before, Now and Then」「The Poet」、Davey Chu の「Back to Seoul」、「This Is What I Remember」、「When the Waves Went」です。

映画、シネマトグラフィー、パフォーマンス、監督の受賞者は、エジプトの脚本家でプロデューサーのモハメド・ヘフジーで構成される審査員団によって決定されます。 インドのプロデューサーGuneet Monga; トルコとドイツ出身の俳優、監督、プロデューサーの Numan Akar); 絶賛されたオーストラリアの監督、ソフィー・ハイド。 スリランカのヴィムクティ・ジャヤスンダラ監督。 国際審査員は、大審査員賞も授与します。

特別賞は2つ。 トリパ・カヒ監督のニュージーランド・アカデミー賞候補のモロは、ユネスコの後援の下、文化多様性賞を受賞しました。 パキスタン アカデミー賞を受賞した「ジョイランド」とともに、最初の長編映画「ジョイランド」は、NETPAC (アジア太平洋映画振興ネットワーク) およびアジア太平洋地域の豊富な新進才能を称えるグリフィス映画学校と提携して、ヤング シネマ賞を受賞しました。領域。

第15回アジア・パシフィック・スクリーン・アワードのノミネート

最高の映画


“Before, Now & Then” (別名 “Nana”) (インドネシア) dir. カミラ・アンディーニ

「詩人」(別名「アキン」)(カザフスタン)監督。 ダルジャン・ウミルバエフ
“Return to Seoul” (別名 “Retour a Seoul”) (カンボジア、カタール、フランス、ベルギー、ドイツ) dir. デービー・チュー
「それは私が覚えていることです」(別名「Esimde」)(キルギスタン、日本、オランダ、フランス)監督。 アクタン・アリム・コバット
“When The Waves Are Gone” (別名 “Kapag Wala Nang Mga Alon”) (フィリピン、フランス、デンマーク、ポルトガル) dir. ラブディアス。

若者向けの最高の映画

“Flag” (パレスチナ、サウジアラビア、カタール、フランス、チュニジア) dir. フィラス・クーリー
“Joy” (ヨルダン、パレスチナ、サウジアラビア、スウェーデン) dir. ダレン J こんにちは
“The Hanging Gardens” (別名 “Jenin Mwalqa”) (イラク、エジプト、レバノン、パレスチナ、サウジアラビア、イギリス) dir. アーメド・ヤシン・アル・ダラジ
「ジャージ」(インド)修道院。 アンモル・シドゥ
「Sweet As」(オーストラリア)監督。 ジョブクラーク。

最優秀アニメーション映画


「オーロラの日の出」(アルメニア、ドイツ、リトアニア)
ドニアとアレッポの王女 (カナダ)
「さようなら、ドン・ギリーズ!」 (別名「グッバイ、ドングリズ!」) 日本
「銀の鳥と虹の魚」(「アメリカ、オランダ」)
「To The Bright Side」(別名「Xiang zhe ming liang na fang」) 中国

最優秀ドキュメンタリー

“All this Breathes” (インド、アメリカ、イギリス)
ブルーアイランド(香港、日本)
「霧の子」(ベトナム)
「デリカド」(フィリピン、オーストラリア、香港、アメリカ)
「Woodgirls – A Duet for a Dream」(イラン、チェコ共和国)

最優秀監督


カミラ・アンディーニ「Before, Now & Then」 (「ナナ」)
シン・スウォン「オマージュ」(通称「オマジュ」)(韓国)
デヴィ・チュー「リターン・トゥ・ソウル」
映画「ストレンジャー」のアミール・ファヘル・エルディン(パレスチナ、シリア、カタール、ドイツ)
「When The Waves Are」に対するディアスの愛

最高のスクリーン

「伝記」のためのマクブール・ムバラク(インドネシア、シンガポール、フィリピン、カタール、フランス、ポーランド、ドイツ)
「Beyond the Wall」のVahid Gelilvand (「Shab、Dkheli、Divar」としても知られています) (イラン)
パク・チャヌク、チョン・ソギョン「去る決断」(通称「ホジルギョルシム」)(韓国)
Darjan Umirbayev for “The Poet” (別名 “Akin”) (カザフスタン)
Aktan Arem Kubat と Dalmira Tilberginova による「This Is What I Remember」 (別名「Esimde」) (キルギス、日本、オランダ、フランス)。

撮影賞


「Before, Now & Then」のためのパタラ・ガンバー
Lv Songye for “One and Four” (別名 “Yige he Sige”) (中国)
「詩人」のためのボリス・トロシェフ
Florent Hery, “Snow and the Bear” (aka “Kar ve Ay?”) (トルコ、ドイツ、セルビア)
ニクラス・リンドショー「ストレンジャー」

最高のパフォーマンス

「Before, Now & Then」にハッピーなサルマ
「Beyond the Wall」のナヴィード・モハマザデ
イ・ジョンウン「オマージュ」
「This Is What I Remember」のアクタン・アレム・クバット
ジョン・ロイド・クルーズ「ホエン・ザ・ウェイブス・アー・ゴーン」

ユネスコ文化多様性賞

ムル (ニュージーランド) dir. トリパ・カヒ。

NETPAC および GFS との提携によるヤング シネマ アワード


「ジョイランド」のサイム・サディク(パキスタン)

READ  日本企業ソニー、ハリウッドの長期ストライキで減益