新潟のリアル「万引き家族」逮捕…実行犯は母、父と子が見張り役

スーパーで万引きした同日、別の場所でも犯行を重ねていた家族

今年5月、第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞にあたるパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督作品『万引き家族』が話題になったが、映画の世界をそのまま現実にしたかのような容疑者家族が逮捕されて話題となっている。

今月27日、家族で共謀し、スーパーマーケットなどで万引き行為を繰り返し、窃盗の疑いで新潟北署に再逮捕されたのは、新潟市北区早通南の佐藤佐一容疑者(67)と妻の佐藤和枝容疑者(64)、その長男である佐藤武容疑者(43)の3人だ。

捜査関係者の話によると、佐藤佐一容疑者らは今月4日の午後4時頃、新潟市北区内のスーパーマーケットにおいて、トマト、みょうが、長芋などの食料品、計5点(630円相当)を盗んだ窃盗の疑いが持たれているという。

(関連記事:【続報】万引きグループ「短期大学」のメンバー2人を新たに逮捕

(関連記事:【万引き再犯】女子マラソン元日本代表選手が抱える闇を専門家が指摘

(関連記事:<逃走15日目>富田林脱走…1000万円超窃盗事件との関連は?

(関連記事:イモビカッターを使用? トヨタ車を狙った窃盗グループの男3人逮捕

(関連記事:<バーニーズNY窃盗>逮捕のきっかけはDNA鑑定…容疑者らを逮捕

「生活が苦しくて盗みで生計をたてていた」