Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

AZECイニシアチブ:日本とフィリピンがグリーンエネルギーソリューションのための提携を締結

AZECイニシアチブ:日本とフィリピンがグリーンエネルギーソリューションのための提携を締結

AZEC イニシアチブのファイル写真: 日本とフィリピンがグリーン エネルギー ソリューションのための同盟を結成

脱炭素化の取り組みにおける重要な前進として、内閣特別補佐官の同氏は次のように述べています。 前田正氏率いる日本の代表団は、フィリピンのラファエル・BM・ロティラ・エネルギー長官と建設的な対話を行った。 経済産業省(METI)、国際協力銀行(JBIC)、日本の民間部門幹部が出席したこの会議は、温室効果ガス排出量の削減と持続可能性の促進に向けた共同の取り組みの基礎を築きました。 エネルギー実践。

世代内での成長

両国は、アジア・ゼロ・エミッション・コミュニティー(AZEC)枠組みの重要性を認識し、脱炭素化に関連する課題と解決策を議論するプラットフォームとしての日比ハイレベル調整対話の重要性を強調した。 フィリピンのエネルギー省が主催するこの対話は、具体的な計画を策定し、カーボンニュートラル達成に向けた取り組みを加速することを目的としている。

銀杏

フィリピンは、AZEC枠組みのもとで日本の官民と地方自治体による現地協議の枠組みを構築するベトナム、インドネシアに次ぐ3番目の相手国となる。 このマイルストーンは、気候変動と闘い、持続可能な開発を促進するための共同努力への両国のコミットメントを強調するものである。

説教

共同イニシアチブの主な重点分野には、中間燃料としての液化天然ガス(LNG)の使用、再生可能エネルギー源の開発、再生可能エネルギーインフラの設置、温室効果ガス排出量を削減する技術の導入などが含まれる。

AZEC日本・フィリピンプロジェクト開発プラットフォームに基づくプロジェクトは、Aboides Power Corporation、Metro Pacific Investment Company、San Miguel Corporationなどのフィリピンの民間企業と協力して開発されます。 これらのプロジェクトは、JBICとフィリピンの民間企業の間で署名された覚書(MOU)に基づいており、持続可能な開発に向けたパートナーシップを促進するというコミットメントを反映しています。

今後に向けて、フィリピンと日本は、政策調整と支援を通じてアジアにおける脱炭素化の取り組みに貢献するために緊密に連携することを約束する。 他のAZECパートナー国と協力して、より環境に優しく持続可能な未来に向けて有意義な進歩を推進することを目指しています。

READ  日本の最高の健康コンサルタントは、約2週間の厳格なCOVID-19対策を望んでいます