Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

BCICは日本とのインド移民会議を開催します

カルナタカ州の大中小企業を代表するバンガロール商工会議所(BCIC)は、インドと日本の外交関係樹立70周年を記念して、日本でインド駐在員の仮想会議を主催しました。

BCICは声明のなかで、最近の会合には、インド駐日大使のSanjay Kumar Verma、中規模産業大臣のMurugesh Nirani、およびいくつかの業界リーダーが出席したと述べた。

氏。 ニラニ氏は、政府による彼らの努力を強調し、日本企業がカルナタカに拠点を置くための効率的な資源と優れたインフラの利用可能性を強調した。

バンガロールの日本評議会総長であるスキタ・アキコは、COVID-19回の変化するビジネス環境について話しました。 Toyota Kirloskar MotorPvt副社長VikramKirloskar 元CIIの責任者である株式会社は、トヨタ自動車とのパートナーシップを通じて、過去25年間にインドの自動車産業で起こった変化を想起しました。

バンガロールのジェトロ長官である鈴木隆氏は、約80カ国の約7,800社の日本企業を対象とした最新のグローバル調査について話し、インドへの投資と拡大に関心のある日本企業の70%の最新動向について話しました。 氏。 ヴェルマは、日本にBCICを設立する試みを歓迎した。

READ  アルト2022はS-Pressoのような外観で日本でブレーク