Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

BepiColombo:日欧の宇宙ミッションが水星の画像をキャプチャ| スペースニュース

BepiColomboは、中核から表面プロセス、磁場に至るまで、水星のあらゆる側面を研究する使命を帯びています。

日欧共同宇宙船が、太陽に最も近い惑星である水星の最初の画像を返しました。

欧州宇宙機関によると、ベピコロンボミッションは、グリニッジ標準時の金曜日午後11時34分に水星で6回の飛行のうち最初の飛行を行い、惑星の重力を利用して宇宙船の速度を落としました。

高度200km(125マイル)未満で水星を通過した後、宇宙船は再び離陸する前に、監視カメラの1つで低解像度の白黒画像をキャプチャしました。

欧州宇宙機関によると、撮影された画像は北半球と水星の特徴的な特徴を示しており、その中には幅166キロメートル(幅103マイル)のレルモントフクレーターがあります。

「フライバイは宇宙船の観点からは完璧でした。最終的に私たちのターゲット惑星を見るのは素晴らしいことです」と、ミッションの宇宙船運用責任者であるエルサモンタニオンは述べています。

欧州宇宙機関と宇宙航空研究開発機構の共同ミッションは2018年に開始され、太陽系で最小の惑星への旅で、地球上を1回、金星上を2回飛行しました。

欧州宇宙機関は、BepiColomboミッションは、「親星に近い惑星の起源と進化をよりよく理解するために」、そのコアから表面プロセス、磁場、外気圏まで、水星のすべての側面を研究すると述べました。

このミッションは、2025年末までに水星の軌道に2つの探査機を届けることを目的としています。

太陽の引力が非常に強いため、衛星を正常に配置するには大規模なブレーキ操作が必要であり、このサイズの船には大量の燃料が必要になるため、宇宙船を惑星に直接送ることはできません。

地球と金星によって及ぼされる重力(重力アシストとして知られている)は、彼らが旅行中に「自然に」減速することを可能にします。

ベピコロンボがJAXAの水星惑星オービターとJAXAの水星磁気圏オービターを打ち上げるのに十分な速度で減速する前に、さらに5回の飛行が必要です。

ボストン大学の天文学者であるファルーク・エル・バズは、飛行の成功を「特別な瞬間」と表現しました。

「水星の重力を利用して宇宙船を十分に近づけ、画像を見ることができたので、それは素晴らしいことです」と彼はアルジャジーラに語った。

「私たちは長い間そこにいなかったし、以前にマーキュリーを訪れたのは2つのミッションだけだったので、かなりの情報を期待しています。極地や極地に微量の水が残っている可能性があることはわかっています。太陽を見ることはありません。しかし、それについてはよくわかりません。」

「このミッションで、太陽が見えない極地、非常に寒くて非常に寒い極地に水がほとんどないかどうかを確認できれば幸いです。しかし、惑星は太陽の周りを非常に速く動きます。太陽の周りを周回します。 88日です。他の惑星とはまったく異なります。それで、それが何でできているか、どのように進化したか、そしてそれが重力場を持っているかどうかを知る必要があります。」

このミッションの名前は、1974年にNASAマリナー10号が水星に飛来したときに最初に使用した重力アシスト操作の開発を支援したことで有名な、イタリアの科学者ジュゼッペ「ペペ」コロンボにちなんで名付けられました。

READ  デルタコロナウイルスの蔓延が日本で加速