Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

BMWとフォードは全固体電池のスタートアップに1億3000万ドルの投資を主導

フランクフルト-BMWグループとフォードモーターグループは、より強力な次世代バッテリーを商品化するための激しい世界的な競争の中で、米国の全固体電池会社SolidPowerへの1億3000万ドルの投資を主導しています。

両社の月曜日のリリースによると、Solid Powerは、2022年にパイロット生産ラインで電気自動車に電力を供給するために使用できる100アンペア時のバッテリーの製造を開始し、その年からテスト目的でBMWとフォードに供給する予定です。 。 実際には、AHで20個の全固体電池を製造しています。

BMWは、2025年までに全固体電池車の路上テストを開始し、2030年までに市場に投入することを目指しています。

すべての全固体電池は、現在電気自動車で使用されているリチウムイオン電池よりもエネルギー密度が高いため、長距離を持続し、より迅速に充電できます。 電気自動車に電力を供給する次世代のバッテリーセルとして広く見られています。

すべての全固体電池は固体電解質を使用しており、リチウムイオン電池よりも高いエネルギー密度を提供できます。 (BMW経由の画像)

BMWとフォードはどちらも以前にSolidPowerに個別に投資しており、米国を拠点とするスタートアップと提携してバッテリー開発を行ってきました。 彼らは、投資の最終ラウンドの後、Solid Powerの同等であるが非公開の株式を維持し、両方ともスタートアップの取締役会に代表される予定です。

世界中の企業がすべての全固体電池の商業化を目指して競争しています。 特に日本のプレーヤーは、トヨタ自動車が2000年代初頭に競合他社に先駆けて、2000年代後半に日産自動車に先んじて全固体電池を搭載した自動車の販売を開始したため、この分野で大きく前進しています。

製造会社の村田製作所は、今年からウェアラブル用の小型バッテリーの量産を開始する計画を発表した。

他の企業もその取り組みを強化しています。 フォルクスワーゲンは米国の新興企業Quantumscapeに出資しており、2025年初頭に完全バッテリー駆動車の販売を開始する予定です。

READ  米国のデータが経済が勢いを増していることを示しているため、株式と利回りは上昇しています