Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

CDCは、推奨されるCovid-19の分離と検疫時間を短縮します

CDCも 推奨時間を短縮する ワクチン接種を受けている場合、同様の5日間ウイルスにさらされている場合は、検疫する必要があります。 CDCは、完全にワクチン接種された人々は、まったく検疫される必要がないかもしれないと言いました。

「COVID-19とオミクロンの亜種について現在わかっていることを考えると、CDCは、隔離の推奨期間をCOVID-19の患者の10日から無症候性の場合は5日に、その後5日間の着用に短縮するよう取り組んでいます。 CDCは声明のなかで、他の人がいるときのマスクだと述べた。

CDCによると、症状が改善した人は、症状が改善する限り、5日後に家を出る可能性もあります。 CDCは、熱を持っている人は熱がなくなるまで家にいるべきだと付け加えました。

「この変化は、SARS-CoV-2の感染の大部分が病気の初期、一般的に症状が現れる前の2〜2日、およびその後の2日間に発生することを示す科学によって推進されています。 5日間隔離する必要があります。そうでない場合は、その時点で症状がありますが、感染を他の人に感染させるリスクを減らすために5日間マスクを続けることができれば、隔離を残すことができます。」

検疫とは、病気にかかったがまだ症状が出ていない場合に、他の人から遠ざかる時間を指します。

アメリカ疾病予防管理センター それらの推奨事項を変更しました、 とても。 「ワクチン接種を受けていない、または2回目のmRNA投与から6か月以上(またはJ&Jワクチン接種後2か月以上)外出していて、まだ追加免疫されていない人のために、CDCは現在5日間の検疫を推奨しています厳密な5日間のマスク使用による。追加の日数。」

ブースター用スペーサー

「あるいは、5日間の検疫が不可能な場合は、曝露後10日間、他の人の近くにいるときは常に適切なマスクを着用することが不可欠です」とCDCは付け加えました。

CDCによると、ワクチン接種と追加接種を受けた人は通常、検疫の範囲外です。

「追加免疫を受けた個人は、曝露後に検疫する必要はありませんが、曝露後10日間はマスクを着用する必要があります」と彼女は付け加えました。

「すべての被ばく者について、ベストプラクティスには、被ばく後5日目のSARS-CoV-2の検査も含まれる場合があります。症状が現れた場合、陰性検査で症状がCOVID-19に起因しないことが確認されるまで、個人は直ちに隔離する必要があります。」

アンソニー・ファウチ博士は、この変更は社会の円滑な運営を維持することを目的としていると述べた。

「私たちが直面している膨大な量の新しい症例がオミクロンで継続すると予想されているので、私たちが注意したいことの1つは、私たちに多くの人がいないことです」とフォーチはCNNレポーターのジム・アコスタに語った。 。

国立アレルギー感染症研究所の所長であるフォーチは、次のように述べています。

リスクを減らす

CDCによると、ブースターは誰かがウイルスに感染して他の人に感染するリスクを大幅に減らすという。

「南アフリカと英国のデータによると、mRNAワクチンの2回接種に対するワクチン有効性は約35%です。COVID-19ワクチンの追加接種により、感染に対するワクチンの有効性が75%に回復します。」彼女は付け加えた。

「オミクロンの亜種は急速に広がり、私たちの社会のあらゆる側面に影響を与える可能性があります」と、CDCのディレクターであるロシェル・ワリンスキー博士は声明で述べています。

「隔離と検疫に関するCDCの最新の推奨事項は、ウイルスの拡散とワクチン接種と追加免疫の投与が提供する保護について私たちが知っていることのバランスを取ります。これらの更新により、人々は安全に日常生活を送ることができます。予防は私たちの最善の選択肢です。ワクチン接種を受ける、ブースターを取得し、場所でマスクを着用します。高および高コミュニティ伝送エリアの公共の内部、および組み立て前にテストを実施します。」

CDCは、ワクチンを入手できる人は誰でもワクチンを接種すべきだと強調しました。

「COVID-19に対するワクチン接種は、COVID-19による重篤な病気、入院、死亡のリスクを軽減します。CDCは、5歳以上のすべての人にCOVID-19に対するワクチン接種を強く推奨し、16歳以上のすべての人を後押しします。1年またはさらに、ワクチン接種は、自分自身を守り、COVID-19が私たちのコミュニティに与える影響を減らすための最良の方法です。

先週、CDCは、無症候性または軽度の症状を示すCovid-19の医療従事者向けのガイダンスを更新し、その時点で感染が陰性であれば7日後に職場に復帰できると述べました。

以前は、Covid-19に感染したが陽性と判定されなかった人は、14日間隔離するようにアドバイスされ、Covid-19が陽性と判定された人は、完全に10日間隔離するようにアドバイスされました。

READ  Zandur発電所が日本でBosaiセーフティマークを獲得