Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Chisholmの映画製作者の文書は、日本海の係争中の島を調べています

独島は高宗です! 彼は悲鳴を上げる。 「日本の侵略は武力侵略だけではありません!教科書で独島を主張することも侵略です!」

ノアの独島への情熱はただの情熱です。 彼は父親がかつて所有していた韓国の南原で土地を借りている農民であり、彼の長老の歴史に応えています。 彼の父親は、彼が10代のときに日本に連れて行かれ、屈辱を受け、負傷し、拷問を受けた強制労働の犠牲者でした。 彼は日本に対する父親の怒りを担当し、独島に移した。

ノアは、マシュー・クフメルルのチスホルム映画「私の父の土地」で語られた2つのキャラクターストーリーの1つです。これは、日本が竹島と呼んでいる独島の家族と歴史の両方の物語を伝える長編ドキュメンタリーです。 金曜日の午後5時に、ダルースファンシー映画祭の一環として初公開されます。今年の週末のイベントでは、すべてがZinema 2で上映されます。その後、質疑応答が行われます。

チェ・ジョンソクは、最初は父親と、次に夫と一緒に独島に住んでいました。 彼女はドキュメンタリー「私の父の土地」で土地の返還を求めて戦っている韓国人の一人です。 寄稿/ Matthew Kuchmerl

電子メールアラートニュースレターを購読する

土地請求

ナショナルジオグラフィックに掲載された2018年の旅行記事では、この群島と岩石をめぐる闘争について説明しています。Dodkuは、20世紀初頭から中期にかけて日本が35年間韓国を占領するまで、韓国の領土として認識されていました。 日本によれば、島々は第二次世界大戦後に韓国に応じて韓国に返還された。 一方、日本は現在それらを主張しているが、島を占領しているのは韓国である。

国民的アイデンティティは韓国人にとって重要である、と男性はストリートスタイルのインタビューでクシュマールと彼の乗組員に語った。

「独島は韓国の主要な国の特徴の1つです」と彼は付け加えました。 「他の国々が常に私たちを乗っ取ってきました。したがって、私たちのものを保護することが重要になっています。」

日本と韓国の中間にあるこの島は、毎年何万人もの韓国人観光客を魅了しており、フェリーに乗って一泊する必要があり、天候が安全な停泊を可能にすることを願っています。

そこに着くと、訪問者は30分以内に地面に触れ、地面をつかみ、写真を撮ります。

Koshmrlのもう1つのテーマ、Choi Gyeong-Sukには、より現実的な独島のつながりがあります。 困難な家でしたが、彼女は島の元々の住人である父親と、ナマコとアワビを育てた小さな漁師の乗組員と一緒に住んでいました。 彼女は1980年代半ばに夫と一緒に戻り、島で最初に生まれたときにニュースを発表しました。

彼女は現在、父親を称えるためにチェ・ジョンドク記念財団を運営していますが、彼女が育った場所のより包括的なツアーと巻き貝の殻の収集については、政府から特別な許可を得る必要があります。

ドキュメント作成

ツインシティーズ出身のコシュムルは、ドキュメンタリー映画製作の学位を取得してエマーソン大学を卒業した後、2009年に韓国に移住しました。 1年間の訪問は4年になり、そこに住み、芸術文化雑誌で働く過程で、彼はこの争われた土地の主題とそれを見るために旅行する人々に興味を持つようになりました。

「その(日本人の)占領の最後の現れは非常に強かった」と彼は言った。

彼はテキサス大学から映画製作の修士号を取得するために米国に戻りましたが、独島はドキュメンタリーの主題として彼の心に残りました。

「韓国への移民であるため、これは私が人生でかなりの時間を費やす予定のある国を理解するための方法でした」と彼は言いました。

ヘリポートから見た独島は、日本が主張する日本海の島であり、韓国が争っている判決です。 寄稿者/ Matthew Kuchmerl

ヘリポートから見た独島は、日本が主張する日本海の島であり、韓国が争っている判決です。 寄稿者/ Matthew Kuchmerl

彼は韓国の共同プロデューサーに加えて、彼らが直接占領と戦った人々であろうと若い世代であろうと、独島を韓国の領土に保つことを主張する人々を見つけました。 結局、両親を介して繋がった能と崔の具体的な物語に要約された。

彼は、これらの2つの話は語られていないと述べた。

Koshmrlは6年間プロジェクトに取り組み、重要で感情的な瞬間を含む300時間以上の映像を蓄積してきました。独島へのフライトが遅れたときの旅行者の放射性降下物、大まかなひねりを加えた家族の夕食です。

コッホマールは韓国語で初級レベルで話し、リアルタイムでコミュニケーションをとるために翻訳者に頼っていたと彼は言いました。 彼は現実主義の映画のスタイル(本物の対話と影響の回避に焦点を当てた大ヒット映画製作)を使用して、親密な家族の会話、警察官との喧嘩、そしてそれを聞くためのノアの悲劇的な計画Bをキャプチャします。

一方、独島はそれ自体が光景であり、錆びた色合いのクラスター、濃い緑色、垂直の島の三角形の形成です。 丘の間の洞窟には急な階段があります。 崔熙燮は紺碧の海からカタツムリを引き抜く。

家に帰れ

最近ダルーススーペリア映画祭のディレクターを引き継いだコシュムルは、チザムに家族のルーツを持ち、約3年前にアイアンレンジに引っ越しました。 彼はフリーランスのドキュメンタリー映画製作者であり、その仕事には南極古生物学者の報道が含まれています。これは、米国議会から南極サービスメダルを獲得した国立科学財団の委員会です。

彼はまた、彼が家族の絆を持っているアイアンレンジレストランであるValentini’sについてのドキュメンタリーを作成しました。 「この場所で」シリーズの一部としてWDSE-TVで再生されました。

独島への行き方には時間の制約がありますが、毎年何千人もの観光客が旅行をしています。 寄稿/ Matthew Kuchmerl

独島への行き方には時間の制約がありますが、毎年何千人もの観光客が旅行をしています。 寄稿者/ Matthew Kuchmerl

彼の短編映画「ThePoachers」は、2015年のドバイショッピングフェスティバルで上映されました。

「私の父の国」での彼の仕事は彼に世代のアイデンティティについて考えさせたと彼は言った。 アイアンレンジでの彼の深いルーツは彼をミネソタ州北部に連れて行き、そこで彼は祖母と一緒に時間を過ごし、彼女が認知症に苦しんでいる間彼女の記憶を記録しました。

パンデミックにより人間とのコミュニケーションが困難になったため、彼は牛を有望なトピックとして見つけました。

「私は家族のためにここに引っ越してから、牛についての映画の制作を続けるために本当にここに引っ越しました」と彼は言いました。 「今、私はここにいて、ここに来ることを計画しています。本当に興味深いトピックやアイデアを見つけることができました。」

もしあなたが行くなら

内容:ダルースプレミア映画祭

いつ:8月20-22日

場所:Zeitgeist Zinema 2、222 E.Superior St.、ダルース

チケット:週末パスは50ドル。 シングルまたは映画ブロックの場合は15ドル

「私の父の土地」

いつ:8月21日午後5時

会場:ジネマ2

また:従うべき質問と回答

READ  レブロン・ジェームズが元ブラッドリー選手を2倍にする