Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Cop27 が歴史的な「損失と損害」基金を承認し、発展途上国の気候への影響を補償 | 警官 27

国連サミットで、気候危機の影響を受けた貧しい国に補償を支払うための「損失と損害」基金を創設するという画期的な取引が合意され、気候変動活動家と発展途上国による数十年にわたる戦いに終止符が打たれました。

この決定は気候交渉における突破口となるものであり、開発途上国は何年もの間、より裕福な国々に対し、干ばつ、山火事、洪水、およびそれらが引き起こす地球温暖化の排出によって直面しているその他の深刻化する気候への影響に対して、何らかの形で補償を提供するよう圧力をかけてきました。 それらのほとんどは、世界の最も裕福な地域から来ています。

米国では 200 か国近くが新しい基金を承認し、スタンディングオベーションがありました。 警官 27 エジプトでは、現地時間の午前 4 時以降に開始された延期された会議で、損失と損害の取引が可決されました。

「アフリカの土壌では、深刻な影響を受けたコミュニティの声がついに聞かれています」とCop27会議のエジプトの議長国はツイートしました.

米国をはじめとする富裕国は、数兆ドルの負債に対して法的責任を問われるのではないかという懸念から、損害賠償基金の構想を長い間控えてきました。 しかし、新しい合意は、法的責任がないことを明確にしていますが、基金の他の詳細は、来年報告される新しい委員会によって決定される必要があります.

今年壊滅的な洪水に見舞われたパキスタンのシェリー・レーマン気候大臣は、気候危機の最前線にいる人々を支援するために基金がフル稼働することを楽しみにしていると語った。 この宣言は、気候変動のストレスを乗り切るのに苦労している世界中の脆弱なコミュニティに希望をもたらします。 そして、条件付きプロセスにある程度の信頼性を与えてください。

2 週間前の Cop27 会議が終わりに近づいたとき、EU は損失と損害基金のアイデアに同意したと述べたが、その資金は中国を含まない最も脆弱な国に流れるべきだと主張した。はまだ指定されています。 国連の気候交渉で。 そのような基金の長年の反対者である米国は黙認し、サミットの開始時にこの問題が議題に上ったとき、気候活動家が望んでいた道を一瞬開いた.

クライメート・アクション・インターナショナルのグローバル政策戦略責任者であるハージット・シン氏は、基金の創設は「気候変動による被害をもはや取り除くことができないという警告を汚染者に送った」と述べた.

「これから、彼らは彼らが引き起こした損害に対して補償を支払わなければならず、彼らは激しい嵐、壊滅的な洪水、海面上昇に直面している人々に対して責任を負うことになります。

「各国は今、新しい基金が完全に機能し、気候危機の矢面に立たされている最も脆弱な人々やコミュニティに対応できるように協力する必要があります。」

基金の創設にはこれまでのところお金がなく、富裕国が、気候災害に対処する能力の低い社会での気候災害の増大するコストに見合ったものを失うという保証はありません. 2009 年、世界の政府は、豊かな国が 2020 年までに発展途上国に年間 1,000 億ドルの気候資金を提供することに合意しましたが、これはまだ実現していません。

しかし、Cop27 Loss and Damage Fund の通過は、気候危機の巨大な不平等が暴露され、認められる可能性のある転換点として歓迎されています。

憂慮する科学者連合の政策ディレクターであるレイチェル・クレッツ氏は、「これは気候正義にとって大きな勝利であり、急速に悪化する気候危機の最前線にいる南半球の何百万もの人々に希望を与えるものです。

パキスタンの外交官であり、開発途上国77か国の主要交渉者であるナビル・ムニールは、ガーディアン紙に次のように語った:「これは歴史的な瞬間です。 [It’s the] 30 年にわたる取り組みの集大成であり、気候正義の追求における新たな章の始まりです。 収束と被害が引き起こした気候によって最も大きな打撃を受けた国々への希望の光です。」

READ  「裏切られた」:ウクライナに投獄されたモロッコ人の姉妹が助けを求める| ウクライナ