Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVIDと戦うために「公衆衛生に焦点を合わせる」ことを提案したことで「脂肪恐怖症」で非難されたサラダレストランチェーンCEO

サラダを販売するカジュアルなレストランチェーンであるSweetgreenのCEO兼共同創設者は、ソーシャルメディアの投稿で、脂肪を取り除き、健康になることがCOVID-19パンデミックのより良い解決策であると示唆した後、「脂肪恐怖症」で非難されました。物議を醸すフェイスマスクよりも。ワクチンの力。

SweetgreenのCEOであるJonathanNeimanは、肥満とCOVID-19の合併症との関連について懸念を表明しています。 LinkedInの投稿が削除されました 先週の火曜日。

「Covidによる入院の78%は肥満で太りすぎです。私たちが十分に注意を払っていなかったかもしれない根本的な問題はありますか?根本的な原因に対処することによって「ヘルスケア」に取り組む方法を考える別の方法はありますか?」 ニーマンブックス。

労働者がSweetgreenIncでサラダバーを準備します。 マサチューセッツ州ボストンで。 (ゲッティイメージズ経由のアダムグランツマン/ブルームバーグ)

ニーマンは、コビッドが「予見可能な将来のためにここにいる」と述べ、「感染予防」に焦点を合わせるのではなく、「公衆衛生に焦点を合わせる」べきだと付け加えた。

「私たちはマスクとワクチンをすぐに設置しましたが、健康状態との話し合いはありませんでした。封鎖が私たちの国にもたらしている打撃を和らげるために、常に無制限の現金を印刷しました」とニーマンは書いています。 「根本的な原因に焦点を当て、このパンデミックを触媒として使用して、より健康的な未来を創造したらどうなるでしょうか?」

潜在的な解決策を提示して、ニーマンは「パンデミックの影響を支払うために」加工食品と精製糖に課税すること、あるいは「私たちを病気にする食品」を禁止することさえ提案しました。

インサイダーとして とがった批評家はニーマンを「肥満恐怖症」と非難し、彼の投稿を「信じられないほど太った恐怖症」と「嫌な」と呼んだ。

データは何を示していますか?

ニーマンの投稿は政治的に正しくないかもしれませんが、疾病管理予防センターは、COVIDの合併症と肥満との間に強い関連性があることを確認しています。

実際、CDC 3月に言った 入院した、人工呼吸器が必要だった、またはCOVIDで死亡した人の80%近くが太りすぎまたは肥満でした。 そして専門家はBMIが「太りすぎ」または「肥満」を構成するものの正確な尺度であることに同意しませんが、主な発見 CDCで。研究 強い:余分な脂肪があると、COVIDによる合併症を経験する可能性が高くなります。

アメリカ疾病予防管理センター 肥満は「免疫機能の低下に関連し」、「肺活量と予備力を低下させ、換気をより困難にする可能性がある」ため、COVIDによる入院の可能性は3倍になります。

READ  CDCは、若者がリードする可能性は低いと述べています