Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVIDによる中国での何らかの形の封鎖下にある370mlの人々

野村ホールディングスの推定によると、中国全土の45都市で約3億7300万人が、伝染性の高い変異型オミクロンの蔓延の中でコロナウイルスの症例が増加したため、何らかの形で封鎖されています。

北京の政府がコロナウイルスを阻止するための抜本的な政策を追求し続けているため、この数字は総人口の26.4%に達し、厳格な措置が世界第2位の経済と世界のサプライチェーンに悪影響を与える可能性があるという懸念が高まっています。

医療従事者は、2022年4月16日に、中国の西安のコミュニティの市民に対してDNA検査を実施します。(Costfoto / Future Publishing / Getty / Kyodo)

中国の金融・商業の中心地である上海では、3月28日から多くの部分が閉鎖されており、対策開始から金曜日までの感染件数は31万4千件に達した。

野村国際(香港)株式会社によると。 、完全または部分的な封鎖が月曜日の時点で45の中国の都市で実施され、前週の総人口1億9,300万人の23の都市から増加しました。

45都市の年間国内総生産は約46兆元(7.2兆ドル)であり、国の経済の40.3パーセントに相当します。

封鎖されている地域では、バスや地下鉄などの公共交通機関が停止し、住民は移動を制限するのに苦労しています。 上海では、厳格な隔離政策に不満を抱いた警察と住民の間の争いのビデオが、ある時点でバイラルになりましたが、後で削除されました。

上海の日本総領事館は、上海に本拠を置く日本企業11,000社を代表して、市政府に送付した書簡の中で、操業停止が事業に「深刻な影響を及ぼし」、措置に対する疑念が「大幅に制限された」と訴えたと述べた。 「彼らの活動。

西安市は、金曜日の時点で43の感染が確認された後、次の火曜日まで1,300万人の住民の移動を制限する措置を課し、商業施設の閉鎖を命じました。

中国は、2年以上前に武漢の中心都市で最初に発生して以来、ウイルスの蔓延との最強の戦いに直面しています。


関連するカバレッジ:

「ゼロコロナ」政策にもかかわらず、中国の新たな感染症例は20,000件を超える

COVID-19の集団検査後、上海は封鎖されたままになります

焦点:中国のCOVID-19政策、円に対する人民元高は日本経済に打撃を与える可能性がある


READ  日本の会社Skylarkが非接触型ダイニング用のロボットウェイターを紹介