Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVIDは、日本の最初の航空会社のためにエルドとソラセットエアをトリガーします

東京 – 日本の 2 つのリージョナル航空会社、エルドとソラセット エアは月曜日、2022 年に合併すると発表しました。 COVID-19の流行を受けて、航空会社間のより大きな調整を示す可能性のある動き。

この合併は、人員や設備などのリソースを標準化し、有効活用することにより、両方の航空機の運用コストを削減することを目的としています。 両社は来年秋に共同持株会社を設立する。

北海道を拠点とするエルドは、東京の羽田空港と、日本の北にある本島への主要な玄関口である札幌近郊の新チトス空港の間で人気のルートを運行しています。 ソラセットエアは九州南部の宮崎に本社を置き、島と羽田を結ぶ路線を運航しています。

合併は、両方の航空会社を襲った流行を反映しています。 月曜日、エルドは今年3月に終了した2020会計年度に121億円(1億1000万ドル)の純損失を記録しました。 ソラシードエアは昨年度、76億円の純損失を計上した。

世界中の多くの航空会社と同様に、アジアの業界は、コロナウイルスによる旅行需要の減少によって大きな打撃を受けています。 日本では、ANAホールディングスと日本航空がエクイティを通じて資本基盤を強化している。

昨年、大韓航空は、政府支援の合意に基づき、韓国の航空会社アシアナ航空を 16 億 2000 万ドルで買収したことを発表しました。 東南アジアでは、タイ国際航空が昨年の破産申請から回復を計画しているため、マレーシアのエアアジアはDPGキャピタルなどから8200万ドルを調達してキャッシュフローを安定させたいと考えています。

READ  南野は韓国のフレンドリーな日本チームのキャプテンです