Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Covidアラートはカンヌでのアジア産業の取り込みにどのように影響しますか? | 特徴

国際的な映画産業がカンヌに戻る準備をしているとき、多くの人はまだクロワゼットでどれだけのアジアが代表されるのか疑問に思っています。

カンヌのジェネラルデリゲート、ティエリーフレモーは先月、日本や香港などでのCovidの急増を受けて、アジア各国の旅行制限を認め、「アジアはもはや旅行に向いていない」と述べた。

大陸中の多くの人々からのウイルスに対する一般的な態度は非常に慎重です。 たとえば、今月韓国で開催された全州国際映画祭では、 画面 彼は、公演、野外イベント、そして特定の通りの一般の人々から、マスクのない人を見たことがありませんでした。

一方、日本の俳優兼監督の北野武は、Covidの懸念などを理由に、イタリアのウディネで開催される極東映画祭への長期計画の旅行から引き離されました。

しかし、アジアは少数ではあるがカンヌに戻るだろう。

フィリピン映画開発評議会(FDCP)は、シンガポール情報メディア開発局(IMDA)とのパートナーシップを継続し、国際リビエラビレッジのブースに参加します。 FDCPは、50人以上の映画製作者と政府パートナーの代表団をカンヌに招きます。シンガポールの企業には、Encore Films、M’Go Films、シンガポール国際映画祭が含まれます。

新モンゴル国立映画評議会(MNFC)は、モンゴルの映画製作者、配給業者、政府関係者の代表団が新MNFC大統領アンドラル・チュエンボグとモンゴル文化大臣ノミン・チェンバットを率いて、フェスティバルパレスで市場デビューします。

タイの国際貿易促進局(DITP)、マレーシア国立映画開発公社(FINAS)、台湾クリエイティブコンテンツエージェンシー(TAICCA)も参加します。 物理的な台湾パビリオンは、39社から91の住所を提供し、2021年に比べて40%増加します。

ただし、香港パビリオンは2年連続でオンラインでのみ利用可能になります。これは、最近緩和されたものの、まだある程度実施されている旅行制限と検疫措置を反映しています。

香港国際映画祭のエグゼクティブディレクターであるアルバート・リーは旅行をしません。 「香港で海外旅行をするのは今でもランダムなことで、帰りの飛行機やホテルの検疫はもっと高い値段で行われています」とリーは言います。 「しかし、プログラミング部門と産業局の同僚の何人かは、HAF GoesToCannesプログラムで3年ぶりにカンヌに来るでしょう。」

香港のEdkoFilmsスタジオの販売および買収のゼネラルマネージャーであるMandyLamも、「検疫措置が絶えず変化しているため、実際の映画祭に2年以上参加していません」と出席します。

規制がいくらか緩和されたことで、「私たちは、物理的な映画市場に戻る時期が来たと考えています」と彼女は付け加えます。 「実物市場に戻ることで、販売会社との関係を強化したいと考えています。」

しかし、誰もが確信しているわけではありません。 台湾流通ワークショップの国際販売責任者、JunWu氏 画面:「今年はカンヌに行く予定はありません。旅行を正当化するための新しいタイトルがあまりないためです。中国と台湾の両方からポストプロダクションのタイトルがありますが、毎日のケースが多いためです。 Covidの多くの中国映画館は一時的な閉鎖に直面しています。これらのタイトルのステータスは保留中であり、特定のリリーススケジュールはありません。

「ここ数年、実際に市場に参加したことはありませんが、さまざまな地域への販売が非常にうまくいき、取引も順調に進んでいるため、オンライン会議で十分です。」

ウー氏は、台湾にはまだ10日間の検疫と7日間の自己健康チェックが必要であり、これは現地での作業に影響を与えると付け加えています。

今年のマルシェで名誉ある国として選ばれたインドから、インド商工会議所連盟(FICCI)が情報放送大臣のアヌラグタクールを紹介します。

インドから参加する予定の組織と配給業者には、National Film Development Corporation(NFDC)、Shemaroo Contentino、Star Entertainment、Impact Films、Pictureworksが含まれます。 しかし、ある筋は、「今年はインドの映画産業が本格化しているものの、国内の多くの販売代理店がカンヌに来ないため、会議を開くことができないという苦情が寄せられている」と語った。

日本と韓国

アジアの他の場所では、ユニジャパンがカンヌにブースとキオスクを開設し、ガガの日本の依田巳部長が買い手と売り手とのミーティングのためのチームに出席します。 ただし、リモートアクティビティもあります。

「アジア地域を担当するセールスマネージャーは、多くのバイヤーがオンラインでしかオンラインにしないためにオンラインになります。時差の観点から、彼女は日本に滞在する方が良いです」と、ギャガコーポレーションの国際セールス責任者である渡辺晴子は言います。 。 「もちろん、私たちの買収チームはそこにいます [in Cannes] 国際的な売り手に会うため。 私たちは、Covid以前の時間に一歩近づいています。」

一方、韓国のCJENMが発効します。 ディストリビューターと主要な投資家は、競争でパルムドールを争う2つの映画を持っています:パクチャヌクの 去る決断 クレダヒロカズ メディエーター

アジア側から聞いた [many buyers are opting to stay home]CJENMの国際販売および流通責任者であるParkJongminは述べています。 検疫基準は、帰国時に国ごとに異なります。 しかし、2つの映画が競争しているので、もちろん、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東のバイヤーに会いに行く必要があります。」

映画祭の映画の中には、エロティックなスパイ映画を上映する韓国のメガボックスもあります 追跡、 初めてからの出力 イカゲーム ミッドナイトショーに出演するスーパースターのイ・ジョンジェ。 ユングの7月を販売するファインカット 次のソヒ、批評家週間を開くように設定されています。 両社は現場で違いがあります。

韓国映画評議会(KOFIC)は、公式選考でこのように強い存在感を示し、ネットワーキングの機会を祝い、提供するために韓国映画の夜を開催します。

K-Movie Entertainment、Contents Panda、Lotte Entertainmentなどの企業も、新しい映画を名簿に載せます。

「ContentsPandaがまだ生きていて、キックしていることをみんなに示したいのです」と、ContentsPandaのエグゼクティブバイスプレジデントであるDannyLeeは、Croisetteに直接出演したと言います。 「私たちは、ラインナップでカンヌをとても楽しみにしています。」

釜山、北観、全州の映画祭の代表者も参加しており、外に出て映画祭とつながる必要があることを認識しています。

逆に、M-Line DistributionやShowboxなどの企業は、リストに多数の新作映画がなかったという事実を理由に、参加しないことを選択しました。 購入者からの参加率が低い。 そして、自宅よりもはるかに緩い安全と健康管理の基準に関する懸念。

「アジアのバイヤーの参加は非常に少なく、カンヌからのオンラインミーティングを開催する予定です」とM-LineDistributionのセールス責任者であるRachelJoは述べています。 ヨーロッパのバイヤーも重要ですが、それでもタイムゾーンを調整する必要があります。

Covid-19の状況がどうなるかはまだわかりません。 カンヌで病気になった場合に何が起こるかについての不確実性と同様に、韓国に戻るための手続きは考慮事項です。」

カンヌの先を見ると、今月アジアから南フランスに旅行しない買い手と売り手は、実際に参加することを期待しているお祭りや市場として釜山と東京を指しています。 そこで彼らは、人々がマスクを着用し、政府がそれを義務付けているかどうかにかかわらず消毒することについてより意識していることを認めています。

カンヌへの飛行には少なくとも20時間の2回の飛行が必要であり、ロシア領空を回避すると飛行機で過ごす時間が長くなるため、移動時間も短くなります。 それはすべて、アジアからの数がパンデミック前のレベルに戻るまでにはしばらく時間がかかるという事実に追加されます。

READ  Whitlock ThroatWinがダブルGBチームゴールデンサンデーをもたらします