Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVIDパンデミックがサイクリングブームを駆り立てる中、シマノはより速くペダルをこぎます

東京/大阪-本社のシマノショールーム 大阪で これは、同社をサイクリングの世界で有名にしたテクノロジーの神社です。

重さわずか7kg、ハイスペックな部品を搭載したバイクは片手で簡単に持ち上げることができます。 Shimanoの従業員は、1973年に競争力のあるロードレース用に開発されたDura-Aceラインや、今週末パリで終了する今年のツールドフランスなどのアイテムを指摘しています。

Shimanoコンポーネントがパッケージとして機能するように設計されているように、ショールームは、すぐ近くにある同社の工場での熱狂的な活動にリンクされています。 そこでは、サイクリングの人気がかつてないほど高まっている中、何百人もの従業員が懸命に働き、飽くなき世界的な需要を満たすための部品を製造しています。

シーンは、世界中のシマノの15の工場で似ています。 同社の島野泰三社長は、「現時点でフル稼働していない工場はない」と語った。

今年、家族で6人目となる島野泰三氏が創業100周年を迎えた今、やりがいはあるもののストレスの多い時代です。

Shimano’s Cycling World Singapore:同社は、2022年に都市国家に新しい工場を開設することを目指しています。(写真提供:Weixiang Lim)

シマノの売上高と利益は、コロナウイルスのパンデミックが始まって以来急上昇しました。新参者は、封鎖中に簡単に運動できる方法を探している人もいれば、混雑した公共交通機関よりもペダルを踏んで仕事をすることを好む人もいます。

シマノの2020年の純利益は630億円(5億7400万ドル)で、前年度から22.5%増加しました。 2021年度は、純利益がさらに790​​億円に跳ね上がると見込んでいます。 昨年、その市場価値は日本の自動車メーカー日産のそれを上回りました。 今は2.5兆円です。

しかし、サイクリングの熱狂は、シマノにとって課題を提示します。それは、その部品に対する飽くなき需要に追いつくことです。

「深くお詫び申し上げます。 [for the lack of supplies]。 …私たちは叱られています [bicycle makers]島野大三氏は最近の日経アジアとのインタビューで、需要は「大幅に伸びた」と述べ、この傾向は少なくとも来年まで続くと予想していると付け加えた。

同社はできるだけ早く食材を出している。 今年、シマノは、生産量が2019年と比較して50%増加すると述べています。

大阪・山口県の現地工場に130億円を投資し、生産能力の増強と効率化を図っています。 また、50年近く前に建設した同社初の海外生産拠点であるシンガポールにも進出しています。 都市国家に200億円の新工場を建設し、自転車のトランスミッションなどを生産する。 COVID-19の規制により建設が遅れた後、2022年末までに稼働する予定です。2020年に完成する予定でした。

シンガポールのシマノファクトリー:同社は、50年近くにわたって都市国家で自転車部品を製造してきました。 (写真提供:Shimano)

島野大三氏は、パンデミックによる需要が2023年以降も増加し続けるかどうかは定かではないと述べています。しかし、中長期的には、アジアの中産階級や地球環境への意識の高まり。 「関係者の数は増え続けています [their] 健康 “。

また、Shimanoは、世界最高の自転車部品サプライヤーとしての称号をめぐって、すぐに深刻な競争に直面することはないでしょう。バッテリー。

今年のツール・ド・フランスは、世界で最も優れたサイクリングイベントであると多くの人に考えられており、23の参加チームのうち17がシマノのパーツを使用しています。 ©ロイター

シマノは、1921年に大阪近郊の「鉄の街」として知られる堺市に島野修三郎によって製鉄工場として設立されました。 創業から1年後、シマノはフリーホイールバイクの製造を開始しました。これは、スリップを可能にするリアアクスルのラチェットメカニズムです。

同社の成功の鍵の1つは、室温で金属をプレスして成形する冷間成形技術です。 それは複雑で高度な技術を必要としますが、正確な処理も可能にします。

シマノはすぐに日本の大手メーカーになり、1960年代以降、第4代社長のシマノ義三が海外での顧客獲得を開始しました。 昨年亡くなった吉津そしてその 彼は米国とヨーロッパで同社の事業責任者を務め、日本企業が以前はヨーロッパの製造業者によって支配されていた市場に参入するのを支援しました。 現在、ヨーロッパはシマノ最大の市場であり、売上高の約40%を占めています。 全体として、シマノの売上高の88%は昨年日本国外からのものでした。

Shimanoは、ギアシフターやブレーキなどの自転車部品のグループである「システムコンポーネント」の概念を発明しました。 これにより、シマノのグローバルブランド力が高まり、「IntelBicycleComponents」というニックネームが付けられました。 シマノは現在、ドライブバイクエンジンの世界市場シェアの約80%を占めています。今年のツールドフランスでは、23の参加チームのうち17がシマノの部品を使用しています。

2001年に社長に就任し、現在は会長を務める島野ゆずのリーダーシップのもと、同社は世界に進出し、アジアに支店を開設。 吉三の甥であり、陽三のいとこである島野大三の任命は、会社の発展の次の段階を示しています。

同社の最近の売上高と収益の数値が示すように、今はある意味で、TaizoがShimanoをリードする理想的な時期です。 彼は米国で教育を受け、ドイツの自転車店で働いた後、家業に加わりました。

しかし、最近の同社の優れた業績は、高い基準を設定しています。 増大する投資家の期待に応えることは挑戦となるでしょう。 「パンデミック後の自転車の需要は不透明であるため、リスク要因があります」と、DewaSecuritiesのアナリストである酒井聡氏は述べています。 指名されないように求めた別のアナリストは、シマノは「2020年に元上司のゆずに株価が上昇したことに多くを負っている」と述べた。

日経と話す島野大三は、2つの大きな成長分野を特定しました。 「アジアには、中国とインドの2つの主要な市場があります」と彼は言いました。 同社は引き続き東南アジア市場に焦点を当て、サイクリングは単なる移動手段ではなくレジャー活動と見なされ始めていると彼は付け加えた。

Euromonitor Internationalによると、中国の自転車市場は2025年に160億ドルに達し、2020年から51.4%増加すると予想されています。一方、インドの自転車市場は同期間に48%増加して14.2億ドルになると予想されています。

島野サイクリングワールドで自転車をチェックする父と息子。 (Weixang Limによる写真)

「都市化、健康意識の高まり、サイクリングインフラへの投資、パンデミック後の通勤パターンの変化により、自転車の需要が高まると予想されます。 [in Asia]EuromonitorInternationalのシニアアドバイザーであるJustinasLewimaは、次のように述べています。 2020年度のシマノの総売上高の約34%をアジアが貢献しました。

中国では、以前のスポーツバイクブームがシマノの売り上げを押し上げたが、2014年にはそれを上回った。「ピークにはほど遠いが、国内消費は再び増加している」と大蔵氏は語った。 高品質の自転車への需要は回復すると予想されます。

シマノが2016年にバンガロールに販売・流通部門を設立したインドでは、タイゾウ氏は、小規模ながら潜在力のある市場を拡大するために「時間がかかる」と語った。 「インドで自転車の需要が増えるのではないかとよく思っていたが、それは難しい」と彼は語った。 しかし彼は、インドの中産階級の何人かは暑さを避けるために早朝にサイクリングしていると付け加えた。

シマノのシンガポール新工場は、アジア市場の生産拠点としてだけでなく、中国や東南アジアの人材育成・製造技術開発拠点としても機能します。

スポーツを専門とする博物館、島野サイクリングワールドでのイベントに参加しています。 (Weixang Limによる写真)

電動自転車セグメントでの存在感を拡大することは、シマノの成長計画のもう1つの重要な部分です。 電動自転車はシマノの収益の約10%を生み出しますが、同社は自動車部品で最もよく知られているドイツのボッシュのような競合他社に遅れをとっており、ヨーロッパで強いと大和酒井のアナリストは述べています。

電動自転車は、機械式パワートレインから電子式パワートレインへの切り替えなどの新しい技術的障害を克服する必要があるため、Shimanoのような従来の自転車コンポーネントメーカーに課題をもたらします。 部品はまた、バッテリーやモーターとうまく噛み合う必要があります。

シマノはまた、新しいプレーヤーとの激しい競争に直面しています。 業界で30年以上の経験を持つ島野太三は、その困難さをよく認識しています。 「電動自転車に関しては、自動車業界には多くのプレーヤーがいます」と彼は言いました。 “方法 [the automobile industry] 彼は、規模のようなアイデアは私たちのアイデアとは大きく異なると考えています。」

ボッシュは2009年に電動自転車システムを発売し、現在では世界中の70を超える自転車ブランドにコンポーネントを提供しています。 2017年、ドイツのメーカーはシマノの本拠地に移転し、日本市場に参入しました。

「ボッシュのような企業は、電気モーターの製造経験があり、グローバルなサプライチェーンを確立しており、電動自転車市場で自転車部品サプライヤーと競争することができます」と、ユーロモニターのコンサルタントであるロイエマは述べています。

島野大三は、大阪にある本社で日経アジアと話し合う。 (写真:柏原隆明)

「電動自転車は [part of the social] 大蔵氏は、世界的な環境への関心が高まる中、電動ペダルパワーが一般的な交通手段になると考えており、市場が勢いを増すと、急速かつ着実に普及すると予測している。

Shimanoは、この新しい市場のより大きなセグメントのために戦っています。 昨年、Shimano Steps EP800を発表しました。これは、Project E-tubeと呼ばれるモバイルアプリに接続する電子マウンテンバイクバイクシステムで、ライダーは自分のライディングスタイルに合わせてバイクの設定をカスタマイズできます。 Shimanoは、ライダーが自転車を使用する頻度などのデータをアプリから取得します。これは、新しいサービスを考案するのに役立ちます。 追いつくことを決意した同社は、開発チームの半分を電動自転車に配備しました。

2世紀に入ると、鉄産業にルーツを持つシマノは、世界で最も人気のある娯楽の1つで新しいギアを見つけることを目指して、接続された世界に目を向けています。

READ  ドルはその利益を消し去り、東京後期の取引で108.70円前後で動いた