Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID検査を受けることができず、医者が彼女を連れ去った後、日本の女性は流産します



三重県庁舎はツォウ郡の首都にあります。 (毎日/三島博樹)

TSU-三重県政府は9月3日、コロナウイルスに感染した20代の女性が、症状がないためにCOVID-19検査の対象外となったため、医師から除名された後、流産したことを明らかにしました。

都道府県と四日市市立保健所によると、女性は市内に住んでおり、妊娠4ヶ月でした。 彼女の夫は8月20日にコロナウイルスに感染していることが確認され、彼女は彼と密接に接触していたことが確認されました。 しかし、彼女の症状の欠如により、彼女はポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を受けることができませんでした。

彼女は出血を訴え、産婦人科医に相談したが、感染者と密接に接触していたこともあり、医療施設は彼女の診察を拒否した。 翌日、腹痛があったため、別の医療機関の医師の診察を受け、PCR検査を受けました。 その後、女性は結果を見るために家で待つように頼まれました、しかし彼女の水は家に帰る途中で壊れました。 救急車が彼女を病院に連れて行った後、彼女は流産した。 彼女は後にコロナウイルスに対して陰性であることがわかりました。

郡政府は、8月中旬以降、多くの感染症を経験した多くの保健所が、密接な接触をテストする際に症状のある人々を優先していると述べた。 また、妊娠中の女性と既存の健康状態の人々が密接に接触している将来のケースでは、無条件にPCR検査を実施するよう郡の保健センターに再度通知すると述べた。

(津事務所谷口剛による日本語原作)

READ  NASAは、これまでに見られなかった太陽の劇的な噴火を調査します