Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID のパンデミックは、70 年間で見られなかった世界的な死亡率の変化を引き起こしている、と研究者は言う | イギリスのニュース

研究によると、新型コロナウイルスのパンデミックは、平均余命のレベルに「長期にわたるショック」を引き起こし、過去 70 年間に見られなかった世界的な死亡率の変化につながっています。

専門家は、以前の流行では、平均余命レベルがかなり急速に「回復」したと述べています。

しかし、彼らは、COVID-19 の死亡率の規模と大きさは、インフルエンザのような病気以上の影響はなかったという主張を混乱させると付け加えました。

研究者らはまた、「効果のない」対応をしている国では、平均余命が「中期的に停止」する健康危機に直面するだろうと警告した。

調査結果によると、ワクチン接種者の割合が高い国では、他の国よりも平均余命の短縮が小さいと予想されます。

オックスフォードのレバホルム人口科学センターとドイツのマックス プランク人口統計研究所による研究では、2021 年に西ヨーロッパの多くで平均余命が「回復」したことがわかりました。

ただし、専門家によると、サイズとボリューム コロナウイルス 病気 死については、インフルエンザ型の病気以上の影響はなかったという「主張を混乱させる」.

前世紀後半のインフルエンザ流行時の「平均余命の損失」は、COVIDパンデミックで記録されたものよりも「はるかに小さく、広範ではなかった」と研究者は述べた.

イングランドとウェールズは 2021 年に 2020 年の水準から部分的に回復しましたが、スコットランドと北アイルランドの平均余命は 2020 年と同じ「低い水準」のままでした。

スウェーデン、スイス、ベルギー、フランスは完全に回復し、パンデミック前の 2019 年の平均寿命に戻りました。

東ヨーロッパと米国では、同じ時期に平均余命が「悪化または倍増」しました。

東ヨーロッパにおける平均余命の損失の大きさは、ソビエト連邦の崩壊中に最後に見られたものと「似ている」と研究者は述べた。

続きを読む:
Covid のケースが再び増加しています – 心配する必要はありますか?
ロックダウンはヨーロッパ全体の出生率の低下に関連しています

「2020年から2021年にかけての注目すべき変化は、ワクチンが高齢者を保護し始めたため、過剰死亡率の年齢パターンが2021年に若い年齢層にシフトしたことです」と、研究の共著者であるReddy Kashyap博士は述べています。

別の共著者であるジョナス・ショール博士は、「ワクチンの展開に年齢を優先するための詳細と、使用されるワクチンの種類がこれらの違いの一部を説明している可能性がある」と述べています。

この研究では、ワクチンの摂取と医療制度の能力も影響を与える可能性があると述べています。

READ  批評家は、サウジアラビアとのバイデンの5億ドルの取引が「攻撃的な」武器政策と対立すると言います米国の外交政策