Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID-19で亡くなった家族に安全に別れを告げる方法を見つける

3月上旬、東京都立川市で火葬前の故人の顔が見えるように棺桶に小さな窓が開けられています。 読売新聞

東京-日本政府は、愛する人がCOVID-19で亡くなった人々が、最後の別れを直接告げることができるようにする方法を模索しています。

流行が始まったとき、遺族は遺体自体を見ることができず、ほとんどの場合、火葬後にのみ引き渡されました。

人生の最後の瞬間に亡くなった愛する人の顔を直接見ることは、喪失感を和らげるのに役立ちます。 このように、厚生労働省は、故人の遺体からの感染のリスクを研究しています。

お別れ

東京都立川市の住宅街にある葬儀会社灯台社の施設で、棺桶の小さな窓を覗き込んだ浅井博子さん(76)。

棺桶の中の透明な遺体袋の中の体は夫の正夫です。 彼は夫の体に寄りかかって、「これらの素晴らしい思い出をありがとう」と言いました。

マサオは糖尿病やその他の慢性疾患に苦しんでいました。 3日前、彼はリハビリテーションを受けていた病院で79歳で亡くなりました。

彼は1月上旬に始まった入院中にコロナウイルスに感染していました。

その間、ヒロコは夫と直接会うことができず、亡くなったときも夫のベッドサイドにとどまることができなかった。

「彼の火葬の後、私は彼の骨を手渡したくなかった」とヒロコは言った。 「50年以上一緒に暮らしてきた夫の顔を見て、心を奪われて安心しました。」

最後の別れの後、正夫の遺体は火葬され、3月上旬に遺骨とともに葬式が行われた。

窓のある棺

2020年3月のコメディアン志村けんの死は、COVID-19で亡くなった人々の死体にどう対処するかについて一般の人々の注目を集めました。 彼が70歳で亡くなったとき、彼の家族は彼の体を直接見ることを許されていませんでした。

2020年7月、政府は遺族、医療関係者、葬儀従事者のためのガイドラインを制定しました。

ガイドラインによると、これらの物体が適切に配置され、遺体袋に入れられていれば、これらの物体による感染のリスクは低いとされています。 彼らは関係者に、家族に最後の別れを告げるために体を見る機会を与えるように頼む。

しかし、実際には、多くの葬儀会社や葬儀場の運営者は、遺族が火葬の直前に故人を見ることができるようにすることに慎重でした。

COVID-19で家族を亡くした500人の調査では、家族が死者を見る前に火葬された事件が約80%を占めました。 調査は、昨年1月から6月にかけてLife EndingTechnologiesCo.が実施しました。 、東京を拠点とする葬儀仲介。

状況は2021年の夏に変わり始めました。

横浜市は昨年10月から、COVID-19で亡くなった人の遺体を受け入れる4つの市葬式のうち2つで、棺桶の小さな窓から家族が直接死者の顔を見ることができるようになりました。 遺体が遺体袋に入れられていれば、棺桶の窓を開けることができます。

市政府環境施設局の関係者は、「葬儀は、亡くなった人の顔や体を最後に見る機会があるので、遺族のことを考えたい」と語った。 「葬儀会社との交流の結果、感染予防策を講じれば、最後に亡くなった人を見ることができることがわかりました。」

ガイドラインを再検討する

ミイラ化を選択する家族もいます。ミイラ化は、殺菌、消毒、防腐剤による体の処理を通じて、体を長期間保存する方法です。

葬儀の仲介業者が彼女に方法を提供した後、61歳の関東の女性、彼女の89歳の義母の体は防腐処理されました。

母親の世話をしていた夫(61)もコロナウイルスに感染し、病院に運ばれた。 そのため、夫が退院した後、義母の遺体を守り、葬式を行うことを望んでいた。

葬儀は、夫が退院してから10日後に行われた。

女性は手袋をはめたまま義母の顔に触れることができます。

「彼女が病気である間、私は彼女に会いに来て、彼女が死んだとき彼女のベッドのそばに立つことができなかった」と彼女は言った。 「それでごめんなさい。最後に彼女の顔を見てほっとしました。」

しかし、故人の体からの感染のリスクがあるかどうかは明らかではありません。 保健省は専門家委員会にリスクの調査を依頼した。

結果に応じて、省は2020年に設定したガイドラインの改訂を検討する場合があります。

千葉大学医学部准教授で法医学の専門家である齋藤久子氏は、「防腐処理を行えば、身体からの感染のリスクはほとんどない」と語った。

同省の調査を担当する齋藤氏は、「遺族の要望に応じたサービスを提供することで、愛する人を亡くした人々の悲しみを和らげることもできる」と付け加えた。

関連記事

COVID-19による死亡は、致死性の低いオミクロンの発生にもかかわらず、日本の高齢者の間で増加しています

日本のメディアは、15ヶ月ぶり​​にCOVID-19による毎日の死亡はありません

コロナウイルスワクチンモデルナを接種した翌日、94歳の日本人男性が死亡

COVID-19の高齢者の症例が日本の病院に圧力をかけた

毎日のニュースレターを購読する

以下を読んで

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

への参加 インクワイアラープラス フィリピンデイリーインクワイアラーと70以上のタイトルにアクセスするには、最大5つのウィジェットを共有し、ニュースを聞き、早ければ午前4時にダウンロードし、ソーシャルメディアで記事を共有します。 8966000に電話してください。

READ  研究:緑茶カテキンは健康と寿命を延ばし、生物モデルの脂肪含有量を減らします