Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID-19の急増の中で危機に瀕している日本の医療システム

日本の医療システムは、コロナウイルス感染の爆発的な増加の中で危機に瀕しており、木曜日に初めて、国内での新しいCOVID-19症例の毎日の集計が10万を超えています。

厚生省はまた、日本の重症COVID-19患者数は前日から131人増加して1,042人になり、昨年9月以来初めて1,000人を超えたと発表した。 昨年夏の第5回感染波で一時的に2,000件を超えた後、1月上旬には約50件でした。

ウイルスに感染したり、コロナウイルスキャリアの緊密な連絡先に指定されたりすることで、ますます多くの医療従事者が最前線から遠ざけられており、医療サービスにさらなる負担をかけています。 一部の病院は救急患者の受け入れを完全に停止しました。

現場の作業員は、「状況は刻々と悪化している」と語り、心理的には限界に達していると語っています。

消防庁によると、先週の日曜日に救急車が患者を受け入れる病院を見つけるのに苦労した5,303件の症例がありました。これは過去最高で、COVIDの第5波で見られたピークレベルの約1.6倍です。去年の夏に19回の感染。

東京都大田区にある日本赤十字大森病院は、コロナウイルス患者の受け入れを拡大するために、一般患者の病床数を約100床に減らしました。 病院は以前、1日あたり約20人の救急患者を受け入れていました。 しかし、水曜日の時点で、救急患者の摂取は、心筋梗塞や脳梗塞などの深刻な問題を抱えている患者に限定されていました。

「一般の患者さんの入院は悲惨な状況です」と病院長の中瀬博文氏は、このような患者さんにはこれ以上ベッドがないことを示した。 「コロナウイルス治療とセーフティネットとしての私たちの機能のバランスを現在のアプローチとバランスさせることは困難です。」

木曜日に、病院は救急患者の受け入れを完全に停止しました。

「ウイルスの検査で陽性、ウイルスキャリアとの密接な接触が確認された、または子供たちの世話をしなければならなかったため、今朝さらに7人のスタッフが仕事を休んだ」と中瀬氏は述べた。 「状況は刻々と変化しており、今ではさらに悪化しています。」

「それは苛立たしいことですが、私たちは軌道に戻るために救急患者を受け入れるのをやめなければなりません」と彼は言いました。

大阪の北野病院の呼吸器内科・感染症内科長の丸茂聡氏は、週末の時点ですべての病床が占拠されていたため、COVID-19の疑いのある熱のある患者を受け入れることができなかったと明らかにした。

北野病院はまた、コロナウイルス感染またはCOVID-19の密接な接触のためにスタッフが休暇を取らなければならないため、緊急でない入院を制限しました。

病院で感染して感染クラスターを引き起こすことを避けるために、その職員は仕事以外でも警戒を怠っていません。

「どれだけ長く続くことができるかわかりません」とマルモは言いました。 「私たちは精神的にも肉体的にも最先端にいます。」

兵庫県西宮市にある兵庫医科大学病院は、1月末にすべての新しい緊急でない入院と手術を一時停止しました。

この動きは、合計32人の医師、看護師、入院患者がコロナウイルスに感染し、40人以上の看護師が感染者と密接に接触していたことが判明した後に起こりました。

「病院全体で(緊急ではない)入院を中止したのは初めてです」と代表者は語った。 「医療サービスの維持はますます困難になっています。」

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  ウイルス感染四半期末に日本の家計支出が増加