Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID-19の症例が増えるにつれ、日本は非常事態を拡大

東京発-日本は水曜日に2週連続でコロナウイルスの緊急事態を拡大する予定であり、国の医療制度の変化するデルタ株によって引き起こされた感染の数としていくつかの都道府県を追加します。

政府は先週、非常事態宣言を9月12日まで延長し、対象地域を東京を含む6都道府県のうち13都道府県に拡大した。 他の16の州は現在非常事態にあります。

水曜日の専門家会議で、政府は8つの州のレベルを半緊急から本格的な緊急に引き上げることを提案した。 これらの都道府県には、北は北海道と宮城、中部は愛市と岐阜、西は広島と岡山があります。

この提案は承認され、水曜日の後半に正式に発表される予定でした。

日本の非常事態は、レストランが午後8時に閉店し、アルコールが提供されないという要件に基づいていますが、これらの対策はますます挑戦されています。 社会的距離と在宅勤務に対する一般市民と雇用主に対する強制力のない要求も、自己満足の高まりのためにほとんど無視されています。

日本の首都は7月12日以来非常事態にありますが、それ以来、毎日の新規症例は10倍以上に増加し、東京で約5,000人、全国で25,000人になりました。 病院のベッドはすぐにいっぱいになり、余分な酸素を必要とする人も含め、多くの人が家で回復しなければなりません。

東京では35,000人以上の患者が自宅で回復しており、その約3分の1は病院やホテルの空室をすぐに見つけることができません。 専門家によると、経済的な理由または感染症を治療する能力が不足しているために、ウイルスの患者を受け入れている病院はごくわずかです。

日本は他の多くの国よりもパンデミックを乗り越えており、開始以来全国で約15,600人が死亡していますが、予防接種の取り組みは他の裕福な国に遅れをとっています。 人口の約40%、特に高齢者は完全にワクチン接種されています。

COVID-19対策も担当する西村康稔経済財政相は水曜日、20代から50代のほとんどワクチン接種を受けていない人々に感染が広がっていると述べた。 彼は彼らにもっと注意するように促した。

「明日、あなたが感染しているかもしれないと想像してみてください」と彼は言った。

政府の主任医療顧問である尾身茂博士は、夏休みの後に学校に戻り始めると、学童と十代の若者たちの間の感染症の増加が増加を加速する可能性があると言いました。 彼は、学校が活動を縮小することを提案し、高校や大学にオンラインクラスに戻るよう促した。

同氏は水曜日の議会で、「東京での感染は減速の兆しを見せておらず、非常に厳しい医療規制がしばらく続くだろう」と述べた。

政府は、国民の強い反対にもかかわらず、今年の夏に東京でオリンピックとパラリンピックを開催することに対して批判に直面している。 当局は、ゲームと感染数の突然の増加との直接的な関連を否定しています。

お電話ください [email protected]で。

READ  オレゴン州は週末にCOVID-19でさらに25人が死亡し、3人がCOで死亡したと報告しました。 3359の新しいケース