Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID-19の間、オーストラリア、日本、ニュージーランドの都市はヨーロッパよりも住みやすい: Research-Technology News、First Post

水曜日に発表された調査によると、流行は世界で最も住みやすい都市のランキングを揺るがし、オーストラリア、日本、ニュージーランドの都市がヨーロッパよりも進歩している. オークランドは、2021年までに世界で最も住みやすい都市に関するエコノミストの年次調査で首位に立っており、日本の大阪、東京、オーストラリアのアデレード、ニュージーランドのウェリントンが続いた。 「オークランドは、政府-19 の流行を制御するためのアプローチが成功したため、ランキングでトップになりました。そのおかげで、オークランドのコミュニティは開かれたままになり、市は大きなスコアを獲得できました」と、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットは述べています。

対照的に、「今年の版ではヨーロッパの都市が最悪だった」。

オークランドは、Govt-19 の流行へのアプローチが成功したため、ランキングで 1 位になりました。

「以前は世界で最も住みやすい都市であったウィーンは、2018年から2020年の間に12位に転落した.8つのヨーロッパの都市は、ランキングで上位10位にランクインした.

ヨーロッパの都市の中で全体的に最も下落したのは、ドイツ北部の港湾都市ハンブルクで、順位を 34 下げて 47 位につけました。

この傾向は、ドイツとフランスのほとんどの都市で増加し、「健康スコアの低下」をもたらした「病院リソースへのストレス」によって引き起こされました。

移動制限によるヨーロッパの医療制度への圧力は、文化や生活全般に影響を及ぼしていると、エコノミストは述べた。

ハワイ、ホノルル、米国は、その流行と急速な予防接種プログラムのため、ランキングで 14 位と 46 位にランク付けされ、最も大幅な増加を記録しました。

ダマスカスは、シリア内戦のために最も住みにくい都市です。

READ  南野は韓国のフレンドリーな日本チームのキャプテンです