Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID-19を防ぐための努力は、日本で再びインフルエンザを排除しました

日本は、COVID-19の蔓延を防ぐための広範な取り組みを明確に反映して、今年もインフルエンザの症例をほとんど報告していません。

専門家は、他の感染症を含む症例が増加していることを指摘し、引き続き警戒を呼びかけています。

日本のインフルエンザシーズンは通常11月と12月に始まり、1月と2月にピークになります。

保健省によると、2020年9月から今年の2月までのインフルエンザ患者の推定数は約14,000人であり、通常の1,000万人から2,000万人をはるかに下回っています。

2020-2021の数値は、COVID-19パンデミックが発生する前の2019-20年の冬の約7,285,000人の患者と比較されます。

全国約5000の医療機関からインフルエンザの報告を受けている同省によると、今年の9月6日から12月5日までのインフルエンザの報告件数は、前年の263件から189件にとどまった。

群衆の回避、密接な接触、手を洗う、マスクを着用するなどのコロナウイルス感染予防策は、今年と昨年のインフルエンザ症例の急激な減少の背後にあるように見えます。

日本感染症学会は、「インフルエンザ感染に対する集団免疫」は国内で形成されていないと警告した。

国立感染症研究所所長の脇田隆樹氏は、今シーズンもインフルエンザの流行が増える可能性があると述べた。

インフルエンザとコロナウイルスによる双子のパンデミックの可能性を防ぐために、脇田氏は市民はCOVID-19とインフルエンザワクチン接種を受けるべきだと述べた。

インフルエンザの症例数は依然として少ないものの、手足口病(HFMD)、ヘルパンギーナ、感染性胃腸炎などの一般的な小児感染症の患者が増加しています。

そして、これらの病気の感染数は、昨年の病気の発生がなかった後、多くの人々が病気に対する免疫を持たないため、増加し続ける可能性があります。 また、子供たちがこれらの病気にかかるのを防ぐことも困難です。

日本は、オミクロンコロナウイルス変異体の世界的な広がりに対応して、国境管理を強化しました。

新潟大学公衆衛生学部の齋藤陸夫教授は、「今シーズンのインフルエンザの流行のリスクは低いようだ」と述べた。

「インフルエンザや手足口病を含むすべての感染症と闘うための最も重要なことは、手を洗ったり、フェイスマスクを着用したりするなどの基本的な予防策を継続して行うことです」と斎藤氏は付け加えました。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  CDCがマスクに関するアドバイスを変更した理由