Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID-19ライブアップデート:汚染されたモデルナワクチンを受けた後、日本で第三者が死亡

厚生労働省によると、日本の3人目の人が、汚染のためにリコールされたCOVID-19ワクチンの3つのバッチのうちの1つの用量を受け取った後に死亡しました。

49歳の少年は2回目の2回投与を受けた翌日の8月12日に死亡した。 日本の厚生労働省は月曜日の声明で、彼の唯一の既知の健康問題はソバに対するアレルギーであると述べた。

30歳と38歳の他の2人の男性も、2度目の銃撃から数日以内に8月に死亡した。 3つのケースすべてで、男性は別のバッチと同じ生産ラインで製造されたバッチから投与を受けました。一部の未使用のバイアルには、日本の複数のワクチン接種場所で異物が含まれていると報告されました。

死亡者数はまだ調査中であり、日本の保健省はワクチンとの因果関係をまだ確立していないと述べた。

先月、日本の厚生労働省は、調査を待つ間、汚染されたバッチと隣接する2つのバッチを一時停止しました。 米国の製薬会社Modernaとその日本の流通パートナーである武田薬品工業株式会社。 調査の結果、異物が製造装置からの高品質のステンレス鋼であることが確認された後、最終的には約163万回分を含む3つの部品が含まれています。

日本の厚生労働省は、企業の分析に基づいて、ステンレス鋼の汚染物質が追加の健康リスクをもたらす可能性は低いと述べました。

モデルナと武田薬品はまだ3回目の死亡に関するデータを発表していませんが、両社は以前、他の2人の死亡がワクチンによって引き起こされたという証拠はないと述べていました。

READ  インドのスポーツが日本の柔道文化から何を学ぶことができるか