Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID-19:バングラデシュは日本からアストラゼネカワクチンを781,000回追加接種

ファイル写真:2021年3月10日に撮影されたこの図に表示されているアストラゼネカCovid-19コロナウイルスワクチンのバイアルとアストラゼネカのロゴの前にある注射器 ロイター

616,780回分の3回目の出荷は火曜日にダッカに到着する予定です

土曜日、アブドゥル・モメン外相とザヒド・マリク保健相は、Covax施設で78,1320回接種されたアストラゼネカCovid-19ワクチンの2回目の出荷を受けました。

ワクチンを運ぶキャセイパシフィック航空の貨物機が、午後3時15分頃にダッカのハズラットシャージャラル国際空港に着陸しました。

また、保健サービス部の一等書記官のルクマン・フセイン・ミアとバングラデシュ駐日日本大使の伊藤直樹も出席した。

「私たちは日本に感謝しています。彼らはすべてのベンガル人の真の友人であることが証明されました」とMominはワクチンの出荷を受けた後に言いました。


また読む- 土曜日に781千回分のアストラゼネカワクチンが到着しました


彼は、おそらく将来、日本はこの状況に対処するためにますます多くの支援を提供すると述べた。

Momenは、Covid-19は世界的に大きな問題であり、それを単独で解決できる国はないと述べました。

シェイク・ハシナ首相に言及し、ワクチンは公共財であるべきであり、すべての国がその技術の所有権を共有すべきであると述べた。

アストラゼネカワクチンの616,780用量を含む3回目の出荷は、火曜日にダッカに到着する予定です。

モメン外相は7月24日に日本から245,200回分の最初の出荷を受けた。


また読む- さらに300万回分のSinopharmCovidワクチンがダッカに到達


バングラデシュ駐日大使シャハブッディン・アーメドは、成田空港で日本製のアストラゼネカワクチンの2回目の出荷を受けました。

直樹日本大使は、これは友情とパートナーシップの表れであると述べました。

茂木敏充外相との最近の電話会談で、モメンはワクチン問題を提起し、アストラゼネカワクチンを提供することでバングラデシュを支援するよう要請した。

彼は、バングラデシュの多くの人々が供給ギャップのためにこのワクチンの2回目の接種を受けなかったため、アストラゼネカのワクチン接種の緊急性を特に指摘しました。

日本は、Covid-19との戦いでバングラデシュを支持すると述べています。

日本の外務大臣は、Covax施設の下でこの地域の15か国に合計1,100万回分の線量が供給されると発表しました。

READ  オーロラアラート! 地球の磁場を遮断するために放出されたコロナ質量のペア