Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

COVID-19: 首相は、6 月 21 日の決定はワクチンの展開の有効性に依存すると言う – 英国の毎日の症例数は数か月で最大 | 英国ニュース

首相は、ワクチンの展開の有効性によって、6月21日のロックダウン解除が先に進むかどうかが決まると述べ、英国は4か月で1日あたりの最大数のCOVID症例を報告している.

過去 24 時間で、さらに 7,540 人のコロナウイルス感染が記録されました。これは、2 月 26 日以来の最多です。

ボリス・ジョンソンは、「感染者が増えていること、そして入院患者が増えていることを誰もがはっきりと見て取ることができる」と述べた.

6月21日のいわゆる「自由の日」に言及し、彼は、政府はワクチンが「次の段階に進むことができるように、人口を十分に保護している」程度を評価する必要があると述べた.

「それは私たちが検討することであり、何らかの形で議論が提起されていますが、データ駆動型であり、それを検討し、月曜日にそれを示します。」

英国および世界中からのライブ COVID アップデート

政府の日次データでは、さらに 6 人の COVID 関連の死亡者も報告されています。

この数字は、昨日発表された感染者6,048人、死亡者13人、先週発表された感染者4,330人、死亡者12人に匹敵する。

一方、政府のデータによると、火曜日に別の 136,802 人がワクチンの初回接種を受け、313,482 人が 2 回目の接種を受けました。

予防接種を受けた人は現在28,540,844人で、40,710,319人が少なくとも1回の注射を受けています。

NHSは、火曜日に100万以上のワクチン枠が予約されたと述べた – 記録 – 25 歳以降はジャブの対象となります。

現在、英国では 10 人に 8 人が来ています。 コロナウイルスに対する抗体が含まれていると考えられています – 国家統計局によると、ウイルスへの感染またはワクチン接種によるもの。

コロナウイルスで入院している人の数は、デルタ亜種、つまり最も伝染しやすいインディアンの蔓延により、過去1週間で10%近く増加しました。

5 月 31 日には 921 件でしたが、6 月 7 日には 1,024 件に増加しました。

約 154 人が呼吸を補助するために人工呼吸を受けています。

しかし、入院患者数は、第2波が高かった1月中旬に3万9000人を超えたときよりもはるかに少ない。

画像:
ボルトン市庁舎の外にある移動式予防接種センター

同時に、1 日あたりの平均感染者数も約 60,000 でピークに達しました。

6月21日に残りの制限の大部分を引き続き廃止するかどうかを決定する閣僚にとって、症例の増加、入院、死亡の相関関係は重要な考慮事項になります。

より多くの地域で デルタ変数の状態を決定するためにより大きなアクションを起こす、著名な科学者は、英国で「大規模な第 3 の波」のリスクを警告しています。

アクセス可能なビデオ プレーヤーには Chrome ブラウザを使用してください

バーナム:マンチェスターは突然の増加が必要

モデル化が最初の閉鎖の鍵となったニール・ファーガソン教授は、彼の評価は政府に提出された新しいデータに基づいていると述べた。

しかし、彼はまた、第3波が前の冬の集会ほど深刻ではない可能性があることを示しているとも述べた.

「基本的に(モデルは)大きな第3波のリスクがあると言っていますが、(しかし)その規模について明確に判断することはできません。第2波または同じサイズでもかまいません。

「決定的に重要なのは、ワクチンが(インディアンの)デルタ変異体やその他のいくつかの未知のウイルスに対する入院や死亡から人々を守る上でどれほど効果的であるかにかかっています」

データは、政府の諮問機関 SAGE のサブセットである SPI-M によって編集されました。

READ  Ursula von der Leyen の悪夢: EU 大統領が MEP からの訴訟に直面 - 怒りの列 | 世界 | ニュース