Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Covit-19バリアントが日本で発見されました

日本は、世界保健機関によって関心のあるものとして分類された新しいコロナウイルス変異体で最初の発生を確認しました。

保健省は、2つの空港の空港隔離ステーションで新しいコロナウイルスの検査で陽性となった2人の乗客が変異型疾患にかかったと述べています。

このバリエーションは南アメリカとヨーロッパで発見されました。

火曜日の世界保健機関は、Muバリアントをウィッシュリストに追加しました。

保健省の職員は、以前に収集されたサンプルの遺伝子構成を調べました。

彼らは、6月下旬にアラブ首長国連邦から成田空港に到着した40歳の女性と6月上旬に英国から羽田空港に着陸した50歳の女性が突然変異の影響を受けていることを発見した。

国立感染症研究所所長の脇田隆字氏は、データを収集する必要があると述べた。

さまざまなバリエーションが確認されていますが、他のバリエーションよりも広範囲に及ぶことに注意を払う必要があります。

WHOは、この亜種はワクチンによって提供される免疫を回避する可能性があると述べています。

同社によれば、同社は1月にコロンビアで最初に特定されたが、その後少なくとも39か国で確認されている。

READ  日本のオリンピック開催決定の動機