Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

Crypto Exchange FTXがアジアで拡大し、日本のライバルリキッドを買収

サムバンクマンフライドが所有する暗号通貨取引所であるFTXは、日本のライバルであるリキッドを買収していると報じられています。 買収総額は非公開です。

液体を取得するFTX

2月火曜日。 2、暗号通貨交換会社は、リキッドと、シンガポールを拠点とするユニットとクオインコーポレーションを含むすべての事業子会社を買収することに合意したと述べました。

Quoine Corporationは、2017年に日本の金融庁に登録した最初の暗号通貨取引所の1つでした。

FTXは、Liquidの買収は2022年3月までに行われると見込んでいると述べました。この取引は、規制当局と株主の承認が必要です。

また読む:Crypto Watch-1億5500万ドル相当の$ WBNBがアラメダの研究に投入| 彼らは何に投資していますか?

リキッドは声明の中で、FTXが会社を買収した後、Quoineは最終的にFTXの製品とサービスをその製品に統合すると述べた。 FTXの既存の日本の顧客はQuoineのプラットフォームに移行されます。

リキッドは、買収に関連して、FTXはリキッドと日本の法律に準拠した既存の日本の顧客サービスを提供し、既存のユーザーをクオインに移管する契約も締結したと付け加えた。

市場での競争が激化する中、FTXはアジアの暗号通貨市場で拡大しています。 暗号通貨取引所は、320億ドルの評価で4億ドルを調達しました。

バンクマンフライドは語った CNBC 同社の大きな焦点は、いくつかの国でライセンスを購入することでした。

シンガポールのDBSや日本のSBIのような伝統的な貸し手は、暗号の成長を利用するためにこの分野で動きを見せています。

SBIは、150億ドルの企業Rippleを含む、いくつかの暗号通貨の新興企業の少数株主です。 一方、DBSは独自のデジタル資産取引所を設立しました。

Liquidは2014年に設立され、世界最大の暗号通貨取引所の1つであり、1日あたりの取引量は約7,200万ドルです。

によると CoinMarketCapデータ、Liquidは、エーテル、ビットコイン、XRPなどのデジタル通貨や金融デリバティブでのスポット取引を提供し、投資家が価格変動について推測できるようにします。

FTXとリキッドの価値

昨年、日本企業はハッキングに見舞われ、サイバー犯罪者は9千万ドル以上の暗号通貨を手に入れました。

不幸な攻撃の後、FTXは債務融資の形でリキッドに1億2000万ドルを貸し出しました。 リキッドは、資金は会社の資本ポジションを強化するために使用され、2つの会社は企業機会を追求すると述べた。

FTXは、その関連会社であるFTX weがサービスを提供している米国を除いて、世界中のいくつかの国で暗号スポット取引およびデリバティブ製品を提供しています。

先週、FTX USは、最初の外部資金調達で4億ドルを調達したと発表しました。 によると、暗号通貨取引所は現在80億ドルと評価されています コインデスク。

FTXの投資家には、オンタリオ州教職員年金基金、テマセク、ソフトバンクのビジョンファンド2が含まれます。資金調達者は、ビットコインやその他のトークンの価格が下落したにもかかわらず、投資家がデジタル資産業界に自信を持っていることを示しています。

世界最大の仮想通貨の2つであるビットコインとエーテルは、11月に高い数値に達して以来、価値が半分になっています。 一方、カルダノやソラナのような小さなトークンは、さらに急激な減少に苦しんでいます。

2021年6月、FTXはトムブレイディとジゼルブンチェンの大使を務めましたが、出資額は提示しませんでした。

2021年8月、FTXは「LeagueofLegends」のスポンサーになりました。

関連記事:FTXは、高リスクの取引を抑制するために、レバレッジ制限を20倍に削減します

この記事はTechTimesが所有しています

ソフィーウェブスター脚本の作品

ⓒ2021TECHTIMES.com無断転載を禁じます。 許可なく複製しないでください。

READ  それはまた起こりました - Steam サマーセールの悪用です。