Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

CrysisRemasteredがXboxSeries X / SおよびPlayStation5用にアップグレードされました•Eurogamer.net

更新4/11/213:00 PM: 過去数日間、PlayStation5のCrysisRemasteredアップグレードのテストに費やしましたが、全体として、Xbox Series Xの場合と同じ結果がソニーで見られていることを確認できますが、いくつかの変更が加えられています。 PS5が各モードの解像度設定をそのまま維持しているという事実。PlayStation4Proに見られる-いわゆる「エクストラ壁紙」タイトルの一般的な状況。

元の記事に記載されている解像度とパフォーマンスの目標が正しいことを確認できます。パフォーマンスモードとレイトレーシングモードは1080pで60fpsを目標とし、品質モードは60fpsを目標として最大1800pを目標としています。 ただし、動的解像度スケールはこのタイトルに完全に影響し、実際のゲームプレイの結果はかなり変動します。 以下のビデオでわかるように、異なるモード間の違いを確認するのがやや困難になる可能性があります。 最後に、シリーズXの比較に関心のある人にとって、PlayStation 5は一般的にシリーズXよりも滑らかな仕上がりになります。これは、おそらくその低解像度の目標のおかげです。 これは、レイトレーシングモードで特に顕著です。 一方、Xシリーズには精度の利点があります。

ただし、真にロックされた60 fpsエクスペリエンスを提供することは、両方のバージョンを超えているように見え、この背後にある理由は混乱を招きます。 以下に含まれるセクションでは、これに関するいくつかの理論を共有しています-私はあなたがそれらをチェックすることをお勧めします。

Crysis Remastered:AlexBattagliaとJohnLinnemanが集まり、PlayStation5のアップグレードについて話し合います。

元の話: Crysis Remasteredは、コントローラーの新しい波とDigitalFoundryによるアクセスをサポートしてデバッグされます。 XboxシリーズX シリーズSは、発売前にアップグレードを構築します。 「下位互換性のあるプラス」のタイトルの配布方法により、PlayStation 5のバージョンはリリースされるまで確認できませんが、ありがたいことに、待ち時間は長くはないはずです。パッチが終了したことが本日通知されました。この記事を更新します PS5 できるだけ早く感動。

に似ている 最近リリースされたPCバージョンの2.1アップデート新しいコンソールのサポート以外にも、ゲームには多くの追加、変更、改善があります。 プロモーションリストの上位にあるのは昇天レベルが含まれていることです。これは非常に面倒なので、以前はゲームのすべてのコンソールバージョンから完全に削除されていました。 また、元のPCとより緊密に連携するNanosuitモードが含まれていることも歓迎します(これは以前のアップデートで到着した可能性がありますが、発売時には間違いなくありませんでした-それにもかかわらず、それは素晴らしい機能であり、うまく機能します)。

ただし、Xbox360およびPlayStation3リリースでは削除され、Crysis Remasteredではまだ復元されていない、2007ゲームの一部の機能がまだ不足していると感じています。 オリジナルで見つかった破壊の量は修正されておらず、体積測定値はまだ元のPCバージョンと同等ではなく、この効果は、PCバージョンのCrysis Remasteredでも存在する場合でも、復活したアセンションステージでは完全に失われます。 他のOGCrysis機能も縮小または失われます。植物のアニメーションは、ゲームの他の部分よりも低い更新速度で実行されますが、爆発は葉に影響を与えません。

Crysis Remasteredは、JohnLinnemanとAlexBattagliaの好意により、Xboxシリーズコンソールに完全なDF処理を提供します。

ただし、このアップデートの主な機能は、新世代のコンソールハードウェアのサポートであり、各シリーズコントローラーはいくつかの潜在的なクールなアップグレードの恩恵を受けています。 パフォーマンスモードは2つのXboxで60fpsで1080pを処理し、品質モードはXシリーズで60fpsで2160p、Sシリーズで最大30fpsをターゲットにします。1080p30はマイクロコンソールで制限されています。 問題は、プレイが難しいコンテンツをスムーズにするための動的な解像度スケールが含まれている場合でも、ゲームプレイ中にこれらのパフォーマンス目標がどの程度達成されているかということです。

品質を第一に考えましょう。 Xシリーズでこれを最初にプレイしたとき、VRRが有効になっているLG CX OLED画面でプレイしていたので、視覚化は非常にスムーズな体験でした。 私の意見では、これはXboxコンソールで究極のCrysis Remasteredエクスペリエンスを提供します-それは素晴らしいです! ただし、VRRはここでかなりの重労働を行っているようです。機能がアクティブになっていない場合は、50〜60fpsのエクスペリエンスとより調和したものを検討しています。 私の最高のビジョンは、60fpsで閉じたDRSウィンドウ幅です。 Xbox S? 最大30fpsであっても、2160pは非常に高い目標だと思います。下に多くのディップがあり、その低いフレームレートでは、VRRはエクスペリエンスを支援できません。

Alexは、DLSSやその他の多くの優れた機能を導入したアップデート2.1を使用してPCでCrysisRemasteredを再訪しています。

Xシリーズのパフォーマンスモードはよりスムーズで、はるかに低いターゲット解像度で想像できるように60fpsに近くなります。 ただし、忙しい地域ではまだパフォーマンスがいくらか低下しています。これは、ゲームに投入されるCPUとGPUのパワーのレベルを考えると驚くべきことです。 Sシリーズ? それは40-50fpsの間で実行されるので、それは失望です。 これは通常、同じモードで実行されているXbox One Xよりも優れていますが、CPUに縛られているという感覚が常にあり、シリーズSには当てはまらないボトルネックです。少し混乱します。正直なところ。 レイトレーシングモードは、Xシリーズの所有者の目標を完全には達成していません。これは、グループ内でパフォーマンスが低いモードであり、VRR画面でさえも達成できないほど、毎秒60フレームでターゲットから最も重いドロップが発生します。赤面。 興味深いことに、1080p30ターゲットを備えたシリーズSの場合、これはかなりうまく機能します。これは、ローエンドのXboxコンソールで間違いなく最も一貫性のあるCrysisエクスペリエンスです。

したがって、最終的には、この新しいパッチでXboxシリーズコンソールの60 fpsコンソールの夢を実現することはできません。また、Xbox One Xで達成されたパフォーマンスレベルを考えると、これは少し残念です。 ただし、その体験は依然として印象的です。商品を確実に届けるVRR対応の画面と組み合わせると、Xシリーズの品質が向上します。 PlayStation 5の場合、ゲームが更新されたらこれを確認しますが、リリース前に、Crytekは、パフォーマンスモードとRTモードで1080p60、品質モードで1800p60を期待するように指示しました。これらはすべて、当然、動的な解像度スケーリングを備えています。 これらの解像度の制限は、なぜXシリーズより劣っているのか疑問に思っている場合は、PS4 Proの同等の出力に関連しています。これは、PS5の「プラス互換性」機能の制限のようですが、これをもう一度確認して報告します全体的なパフォーマンスを可能な限り迅速に。

READ  BTブロードバンドに問題がありますか? 欠陥が確認されたのであなたは一人ではありません