Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

CSB と SJU の最近の国際卒業生は、オプションの実践トレーニング – CSB + SJU で実世界の経験を追加します

セント ベネディクト カレッジとセント ジョンズ大学には、現在 15 か国から毎年 140 人以上の留学生が通っています。 彼らの約 5 人に 1 人は、卒業後すぐに故郷に戻らない。これは、研究分野に直接関連する少なくとも 1 年間の一時雇用を許可する米国政府のプログラムのおかげであり、その分野が科学の場合はさらに長くなる。テクノロジー、エンジニアリング、または数学 (STEM)。

Kriston Clark ’21 はバハマからセントジョンズに来て、医学部の学生として生物学を学びました。 大学院に出願するとき、彼はそれに参加することを選択します オプションの実習 (選ぶ、決める) F-1 ビザを持つ学生が利用できる機会です。

グローバルビジネスのリーダーシップを学ぶために母国日本からセントベンにやってきた阿部奈々子’22も、OPTを通じて働いています。

ワシントン州タコマのアマゾン サービスで約 1 年間エリア マネージャーとして配属された阿部氏は、次のように述べています。 「大学生の頃、私は自立していませんでした。両親は経済的に私を支え、私は日本語教師として働いていました。私は、外国に住むことがどのようなものかを知りたかったのです。」

彼らは、現在 OPT の経験を積んでいる CSB と SJU の 20 人を超える国際卒業生の 1 人です。 医学部に入る前に公衆衛生の修士号を取得したいと考えているクラークは、伝統医学とホリスティック医学を実践する多面的な医療提供者になることを計画しています。 現在、彼は、ミネアポリスの MNGI Digestive Health の生検技術者や、アルツハイマー病、認知症、パーキンソン病などの人々のケアを提供する English Rose Suites の在宅医療補助者など、複数の仕事で週 60 ~ 70 時間働いています。 . 複雑な病状。

「より多くの時間を必要とする職業があることは知っています」とクラークは言いました。 「私はまだ若く、健康で、家族の責任を負わずにこれらのことを行うことができますが、どれだけ取ることができるかがわかります。」

他の国際的な CSB および SJU 卒業生は、米国で会計士、医療事務員、ビジネス アナリスト、営業担当者、メンタル ヘルスの専門家、およびその他の役割で働いています。 バハマ出身で CSB で生物学を専攻した 19 歳のケニス ミラーは、最近、理学療法の博士号を取得するためのアカデミック プログラムをテキサス州オースティンで開始しました。 クラークと同様に、彼女の STEM 認定により、最長 3 年間のオプションの実践トレーニングを受ける資格が得られました。これは、修士号または博士号を取得した後にも利用できます。

以前は臨床検査技師、健康検査官、検査助手などの仕事をしていた Miller 氏は、次のように述べています。 「それは、自分がどこに行きたいかを決めることでした。OPT は間違いなく役に立ちました。簡単に言えば、それは仕事の経験です。おそらく、学校で学んでいたことが好きだったでしょう。実践してください。」

バハマの入学前の学生は恩返しをしたい

クラークは、CSB と SJU に所属するバハマのカトリック高校であるアクィナス カレッジに通い、セント ジョンズ アビーの退職者センターで 3 年間アシスタント ナースとして働いていました。 占領下のパレスチナ領土について学ぶ 多文化学生サービス キャンパスでの1年生のときにセクションを作成し、それが彼が追求したいものであることを知っていました。

「私は 5 月に 2 年間このプロジェクトに取り組みますが、これまでのつながりと経験は並外れたものだったので、3 年目を利用できるかもしれません」とクラーク氏は語った。 「私は、手術室と外科医療のほぼすべての側面を含む環境に、前後にさらされてきました。私は、医師だけでなく整形外科医である、米国中のさまざまな専門分野の病理学者と交流しています。 (整形外科の医師) 診断に関して基本的な真実を伝えることに重点を置いている人々から、私はできる限りのことを学びます. しかし、私はまた、介護者に戻りたいと思っていました, イングリッシュローズスイーツでそれを楽しんでいます. . 私は老年医学に入りたいと思っていたので、いつもそれが私の足を引っ張っていました。」

彼は、CSB と SJU に参加し、すぐにバハマに戻った他の人を知っていると言いました。 彼は、追加の仕事の経験を積むことで、仕事を求めるときに彼らを仲間と区別することができると言いました.

「私はこの素晴らしい学校に 4 年間通いました。」とクラークは言います。クラークは母国で自分の練習を持ちたいと思っていますが、おそらくカウンセラーとしてもアメリカで働きたいと思っています。それはあなたに経済的に利益をもたらします. セントジョンズを去ったとき、私は授業料のクレジットを持っていました. それは約5ヶ月で返済されました. その一部は一生懸命働いていましたが、私はそうしませんでしたバハマでは、私が今日学士号を取得して得た価値が補償されています。

あなたはアメリカに来ました。アメリカには自分自身を売り込む絶好の機会がたくさんあります。 「あなたは一生懸命働き、この学位を取得するのに苦労したので、米国で経験を積むために少なくとも 1 年間の時間を確保する必要があります。私はここで受けた素晴らしい教育のおかげで恩返しをする義務があると感じています。」

日本出身のベニーは、真に世界クラスのビジネス教育を受けます

安倍さんは沖縄の沖庄高校に通っており、CSB と SJU とも提携しています。 15 歳のとき、彼女は家族を離れ、国際バカロレア ディプロマ プログラムの他の学生と一緒にコスモポリタンな住居に引っ越しました。 彼女のティーチング アシスタントにはベニスとジョニーがいました。彼女は、セント ベンズは自宅から地球の反対側で勉強するのに適した安全な環境を提供してくれると考えていました。 セント ジョセフズでは、彼女は寮生活と大学生活を楽しみ、ルームメイトは学業面でも社交面でも彼女を助けてくれました。

「毎週日曜日に彼らと一緒に料理をするのが大好きでした」とアビーは言いました。 1 人はメキシコ系アメリカ人、1 人はベトナム系アメリカ人、もう 1 人はミネソタ州の白人でした。 私は彼らに日本食の作り方を教えようとしていて、彼らの料理の作り方を学びました。」

彼女は、ペニーとして過ごした4年間は「謎を受け入れる」ことだったと語った.

「1年生の時、英語が流暢ではなかったので自信がありませんでした」とアビーは言いました。 「言語は知っていましたが、母国語を話すのは別世界でした。2 年目に自信がつきました。E スカラーの一員になりたいと思いました (起業家の世界)、そしてそれが私の大学生活の大きな部分になることを知っていました. 進行中の脚本コンペがあり、私は驚かなければならないことを知っていました. のようだった サメのタンクそして、彼らは私に質問をしていました。 幸いなことに、私のアイデアはファイナリストに選ばれましたが、90 秒ですべて英語でビジネス アイデアを提案するのが怖くて、あきらめかけました。 恐れを克服し、自分を信じる素晴らしい機会でした。 快適に過ごすためには、不快でなければなりませんでした。」

E Scholar Program の期間中、彼女はグループの友人と「Tea Lab」と呼ばれるボバ茶を紹介するキャンパス プロジェクトを立ち上げました。 彼らはゼロからプロジェクトに取り組むことで起業家精神について学び、ボスニア・ヘルツェゴビナへの旅行を通してグローバルビジネスについて学びました。

卒業後、安倍はまだ日本に戻る準備ができていなかった。 OPT を通じて、彼女は Wafaa 配送センターの約 50 人の従業員を監督しています。

最終的には H1B ビザが必要になる安倍氏は、安倍氏は非移民の就労ビザであり、長期滞在を希望する場合、抽選システムを通じて毎年限られた数の就労ビザを取得できると述べました。 「そのため、OPT は私の希望に合っているため、私の最優先事項でした。リーダーシップについて理論的に学ぶよりも、他国で働くことがどのようなものか、また主要な研究が実際の生活にどのように関係しているかを学びます。」

OPT が CSB と SJU の留学生をどのように支援できるかについての詳細は、Multicultural Student Services (MSS) にお問い合わせください。 [email protected]320-363-5904 に電話するか、CSB キャンパスの多文化センターにアクセスしてください。

「OPT は、F1 ビザを持つ留学生にとって素晴らしい移行です」と、MSS のアシスタント ディレクターである Qiwei Zhang 氏は述べています。 「米国での就業経験を積む選択肢を提供するだけでなく、大学院への進学など、学生の将来の計画に付加価値を与える可能性もあります。」

READ  天文学者は、海の深さで完全に覆われる可能性のある太陽系外の世界を発見します